学費アンケートの学校問い合わせの作業は担当スタッフが行っていましたので、

自分の記憶の中に「この学校は記入ミスの常習犯」というインプットはありません。

「どんなテーマのアンケートを出しても遅い学校」という記憶はありますが、

それは広報担当業務がひとりの先生に集中しているか、言いづらいことですが、処理能力が

足りないケースだけです。

でもそんな学校の対応の中でインパクトがある返答は

「問い合わせられてもわからない。忙しくて調べられない。よって去年のままでよい」

というものです。

もちろん、アンケート用紙に「去年のまま、変更なし」と書いてくる学校もあります。

こうなると編集部では正確なところは調査不可能です。

学校がいい、って言っているんだから、いいというしかなかろう。

こうなります。

もちろんそんな学校ばかりではありませんが…。

それが後から「なぜそんな数字を記載しているのか?根拠は何か?」

と本が発売されてしまってから問い合わせが来るケースもありました。

編集部の制作ミスか、学校のアンケート記入ミスなのか、あいまいでは困りますから、

一定期間回答を保存しておくと同時に、電話問い合わせの場合、何月何日何先生による回答、

というメモをアンケートに付記しておきます。

自分が覚えているケースでは、学費ではなく校長先生の名前が間違っている、

という電話を直接学校から受けたケースを覚えています。

「少々お待ちください」と言って電話を保留して、すぐにアンケート回答を調べた結果、

記入者でH先生の名前が記入されていなので、そう告げると電話の相手は

「それボクですね。おかしいな…」

笑いごとでした。

各種アンケートは作業が煩雑でオーバーフローしている上に、

少しでも安く思わせたい、という意図が絡んで、不正確なものに仕上がってしまう、

というのが実態です。

もうこちらは初年度納入金=中1の1年間で保護者が学校に支払う総額

を知りたいだけなのに、教科書代や制服代は学費ではなく業者に収めるものなので

把握していない=よってアンケートに記入せず

という学校も少なくないのが実態だったりします。

次回はこのどうにも対策のたてようのない学費というモンスターについて、

少なくとも学校のスタンスを明らかにすることで、その学校の考え方を知ってほしい

と編集部が最終的に行ったある工夫について紹介します。

fc2ブログの「中学受験DEEP-INSIDE」もよろしくお願いします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。