記事タイトルの前につけているアイキャッチ画像。

まあ、どうでもいいことなんですが、

昨年の暮れあたりから鳥の撮影にハマってまして、

特に珍しい鳥に限らず、いろいろ撮っているわけなのですが、

その中から顔の表情がよくわかるアップの写真を選んで

使用しています。

ic03_160221kinkro3-a

1.キンクロハジロ

ちょっととぼけた顔ですが、カールしたオシャレな髪型と

金色の目、背筋をピンと伸ばしていつもおよいでいるモノトーンの

潜水ガモ。冬の渡り鳥ですが、池や堀などどこにでもいます

●お知らせ系の記事全般に使用

ic05_160208tsugumi4
2.ツグミ

これもありふれた小鳥で、スズメよりはちょっと大きめ。

ムクドリよりはやや小さめ。木にとまる以外、芝生なども

大好きですが、うちの近所では河原や砂の上、氷の上にも

乗っかるチャレンジャー。なんでもやってみる好奇心の強い奴

●2015年初出の再掲記事に使用

ic04_151231snouwtopping
3.カルガモ

近所の川の常連さん。一部渡りをしますが、ほとんどの場合、

日本の池に一年中暮らしています。使用した写真は雪降りしきる中、

頭に雪を積もらせている姿が面白かったので撮りました。

きょうはまだ餌採ってません。つまり水中に首を突っ込んでいない

ことがバレバレの寝ぼけたカルガモです。

●2016年初出の再掲記事に使用

ic09_160221kogamo_m2

4.コガモ

カモ類の中でもっとも小柄。サイズだけで判別できますが、これがまた

結束が強いようで、つがいで仲良くいるのはもちろんのこと、

とても仲間を大切にするキャラクター。早朝、口笛のようなサインを出しながら、

十羽ぐらいで、水面をぐるぐる回ったりしています。

臆病キャラでもありますが、この朝の集合を自分は「コガモの朝礼」と呼んでいます。

●ブログ共通の解釈、方針、考え方などの記事に使用

hakusekirei_sym2

5.ハクセキレイ

こいつもどこにでもいる小鳥で、尾を振りながら地面を歩いたり、鳴きながら

波のように上下しながら飛ぶのでとても目立ちます。「見て見て」系ではナンバーワン

でしょう。基本河原など石の上が大好きですが、コンクリートでもアスファルトでも

区別はないようです。「俺についてきな」と楽しそうに歩いている姿をよく見かけます。

●アメブロ更新終了後のfc2ブログとの共通記事で使用

なお、今後更新される中学受験DEEP-INSIDEオリジナル記事については、別のアイコンを

考えていますが、本日時点では未定です。鳥じゃないものにするかもしれません。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。