当時ランキング上位ブログに入試直前の動揺・混乱が多々見られたため、
ブロガー本人はともかく、周囲に不安を拡散するデメリットの以下の記事で書きました。
なんとこれが歴代PV上位10位以内に入ってしまうという…今なら冷静に読めるはずです。

以前冗談半分に書いたのですが、リアルタイムでほかの方の受験ブログを

読み進めていくと、ちょっと真剣にタイトルのように思うわけです。

書いているご本人はいろんなバランスで書かれていますので、

それはそれ、意義があることなのだと思うのですが。

まだ今頃そんなことで一喜一憂しているんだ…とか、

狙っている志望校がちょっと特殊で一般の保護者が読んで参考になる内容じゃないな、

とか。

ブログの書き手の中で心がブレても、それは親御さんご本人と受験生の問題ですが、

ある時期を過ぎて、読み手として

そういった心のブレに共感するのは意味がないと思います。

いっしょになって、

「そりゃ、不安ですよね」

まったく意味がない。

そういえば、ある塾関係者のブログでこんなのがありました。

自分も通りすがりで読んだだけですが、

息子の第一志望校の出願受付期間を忘れていた母親。

マジ?

そんな極端な話、あるんですね、としか言いようがありません。

これ釣りでしょ?

レベル。

100人に1人もいないケースが、ブログに出てくると、

けっこうみんなそこまでレアだとは気づかない。

笑い話だと思って読まない(読めない)んじゃないかな。

「私立は(金銭的)無理なので公立の中高一貫に」

という考え方のご家庭に、いまさら不合格の場合の

リスク対策はどう考えているの?

と問うても始まりません。

攻玉社は無理だけど青稜ならなんとかなるかも、

というレベルの偏差値の受験生のご家庭は、

可能性は50%だけど開成、筑駒の併願に挑んでみようと考えている…

というご家庭のエピソードにどれだけシンパシーを持てるんだろうと

思うんですよね。

百害あって一利なし、とまではいいませんが。

ここでそれを言ってもほかの方のブログを読んでしまうのかもしれません。

じゃあ、それはそれで試験本番までにやるだけのことをやりましょう。

親も子も。

もし、わが子に「頑張りなさい」しか言えないのだとしたら、

それは決定的に親の力量不足。

受験生本人のせいではないと思います。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。