きょう、明日、あさってで複数年の比較をします。

実はこの手法はこの複数年の区切り方で、

学校ごとの有利不利が発生します。

ですから補完的な手段という位置づけでよいと思います。

連勝・連敗校、連勝・連敗ストップ校の翌年。

この2つの手法であぶり出されなかった、注目校があるかないかの

検証のための手順だといえます。

よく雑誌の進路実績分析企画で10年前と比べる的な企画がありますが、

ピンポイントで比較すると、たまたまその10年前が

良かった、悪かった、という話になります。

裏を返せば、翌年また同じ手法で記事企画が可能だということになります。

学校からの広告収入をあてにする、一般の雑誌では

こういう「より深く突っ込んだ」発想は不可能だと思ってます。

そこで手元のデータで受験者数を学校ごとに入力を始めたのは2005年からでした。

とすれば12年間の受験者数データがありますから、これを4年ごとに3期に分けてみましょう。

この3期を前期・中期・後期とするなら、

前期<中期<後期

の学校が人気上昇中の学校です。

前期>中期>後期

の学校ははっきり再浮上は望めない学校でしょう。

「>」の定義を10%にしてそれ以外は=としてカウントしますと

前期<中期=後期と前期=中期<後期

の学校は好評価の学校になります。

前期>中期=後期と前期=中期>後期の学校は

ややマイナス評価の学校になるでしょう。

それ以外は判定対象外です。

ここで入試回数を増やそうが、午後入試を始めようが

入試改革の施策そのものは問いません。

その結果、現在のラインが過去よりどうなってきたか、だけを

シンプルに分類してみます。

おっと、ボリュームが大きくなったので、

4年ごとの合計数が前期・中期・後期で10%以上、

連続増が16校、連続減がナント74校!

これを5%刻みにしたら連続減がもっと多かったという…。

では、連続減の74校から先に

明日から2回に分けて、突っ込みます(笑)。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。