何をいまさらという感じもしますが、

やはり一部の受験層はそこがわからないのでしょうね。

どうやって受験校を選ぶか。

学校の側から見て、入試回数を増やす、午後入試を新設する、

受験生が集まる…他校の例を見てそれが現実なら、

じゃあウチも、となるのでしょう。

午後入試もこれだけ多くの学校が採用していると、

午後入試そのものに魅力があるとは思えませんから、

「あの学校が午後入試を実施するなら受けてみよう」的な

ディスカウント合戦に反応しているように見えます。

そもそも進路実績が伸びて注目を集めている中での

午後入試新設ならいざ知らず、

受験者減打開のための入試改革では

単なる数字合わせに見えますけどね。

午後入試の新設初年度限定で様子見受験もあるかもしれませんが、

貴重な日程と体力を合格しても進学意思の高くない学校に

費やす気持ちがわかりません。

もちろん受験料も!

それでもまず1校合格を確保することが重要、などとほんとうに

思っているんでしょうか。

さて、神奈川の伝統女子校が出願者を減少させているいっぽうで、

いまのところ東京の女子校は出願順調のよう。

女子の共学化志向じゃなくて東京志向でしょうか。

現時点で受験者数として確定していませんから、

校名を挙げるのは避けますが、

「午前入試」の不人気が下げ止まらない学校の午後入試に

出願者が600人を超えている例もありますからね。

たぶん予想偏差値を見て、押さえに適当という意見なのかも

しれませんが、前年の入試は実質倍率が低くて結果偏差値が

引けなかった学校ですから、にわかに信じられない反転攻勢(苦笑)。

その意味でも予想偏差値ってだいじなんですね!?

あ、でも四谷大塚の数値だとこの入試は80%で40を割り込んでいますから、

ちゃんと結果偏差値が成立するかどうか心配…。

いずれにせよ、出願者数・受験者数の大きな増減は功罪相半ば、

そんな気がしています。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。