さて、前回、中学入試においては、名目倍率はおろか、

実質倍率でさえも難易度を表す指標にはならない、という話から

スタートしました。

つまり志望順位が高い受験生が集中する入試と、

その真逆とも言える入試が存在する、というわけです。

「何としてでもその学校に入りたい」

そんな受験生ばかり集められれば学校も言うことはないわけですが、

現実はそうはいきません。

結局は進路実績の割には門戸が広い、お買い得…

そんな受験生心理をついた入試が毎年増えています。

ことしも埼玉ではある上位校が特待生入試の日程を分割…

たぶん総受験者数では「伸びた学校」として数えられるに

違いありません。

実際に大学入試でもいつのまにか人気ランキングが

志願者数ランキングにすり替えられてしまったかのよう、と

某教養?バラエティ番組で取り上げていました。

一度の出願で複数日程受け付ける…。

合格者数ばかりでなく出願者数も水増し状態。

たぶんその大学が欲しいのは「志願者数日本一」なのでしょう。

中学入試でも類似した傾向が見られているというわけです。

同じ合格でも一般クラス合格より、上位クラス合格をしたい、

特待合格をしたいとなれば、出願者水増しどころか、実受験者水増しも可能…。

かつては入試の人気は出願者数ではなく実受験者数と思っていましたが、

昨今、それも言えなくなりました。

それにしてもそうまでして入試改革を進めても、進路実績に反映しないのは

なぜでしょう???

ことしの中学入試分析はどうやらこうした水増し要素も

かなり深く掘り下げなければいけないようです。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。