入試結果…受験生本人にとっては合否を指すかもしれませんが、

第三者にとっての入試結果とは、イコール入試状況だと思います。

その学校の生徒募集の現況が伝わる貴重なデータです。

出願速報に一喜一憂?する愚を戒めたところなので、ここから続々と

情報公開される、これらのデータについて書きたいと思います。

実際に一部の受験生の中には、ことしの入試は

・難しかったのに合格できた

・難しかったから合格できなかった

などと振り返りたい心理があるのかと思いますが、

最後の頑張りで逆転合格しようが、余裕で合格しようが合格は合格で、

あと1点で不合格でも、ありえない見落としで不合格でもいっしょです。

ですから、ここではあくまで次年度見据えた入試結果、入試状況の読み方に

ついて書いていこうと思うわけです。

まず入試には「募集定員」というものがあります。

どんな学校にも入試である限り設定されているわけですが、

「中学で募集する」人数も学校によって違いますが、複数回入試を行う学校では

各回に定員が配分されていることがほとんどです。

17年度入試から実例をあげるなら、

開成は定員300に対して合格者は395、麻布は同じく定員300に対して382、

桜蔭は定員240に対して合格者は269、女子学院は同じく定員240に対して278。

受験生のほとんどが第一志望であろうと思われる難関校でも、辞退者を想定して

多めに合格発表が行われます。

これに対し、1/10に行われる栄東の難関大A入試は定員男女140ですが、

17年入試の合格者数は4341です。

それだけ辞退者が多い前提の入試であるわけです。

その学校が1学年何クラスでどの程度の規模かというのは

インプットしておく必要がありますが、受験者数÷定員で倍率を計算する

(名目倍率)のはナンセンスというわけです。

倍率を気にするなら受験生数÷実合格者数の「実質倍率」で見るべきでしょう。

さて、その実質倍率…前年実績は

開成は2.5倍、麻布は2.9倍、桜蔭は1.9倍、女子学院は2.3倍。

超難関校でも目玉が飛び出るような倍率にはなりません。

ところが、千葉最難関の渋谷幕張は

1/22の初回入試が男子3.2倍、女子2.7倍であるのに対し、

2/2の二次入試は男子10.3倍、女子14.9倍…。

これを偏差値表で見ると

1/22の初回入試が男子69、女子71であるのに対し、

2/2の二次入試は男子69、女子72。(四谷大塚のデータを引用)

なかなか不可解です。

名目倍率よりも実質倍率ですが、その実質倍率は難易度を表さない、

というのがまずは入試結果を読み解くスタート地点だと思います。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。