毎年、この時期つい言いたくなるのが、

「そんなことなら、中学受験やめたほうが得策では?」

これ、塾関係者も含めて、業界の中にいたら禁句のフレーズです。

原則降りられないのが中学受験ですが、

それを降りたらどうなる?

というわけです。

それを言っちゃおしまい、なのかもしれませんが、

ラストスパートに専念すべき時期に

悪循環を延々繰り返すのなら、すっぱり切り替えるのもひとつの手。

もちろんそこで気になるのは周囲の目。

あそこのお子さん、どこの中学へ進学したのかしら

とか

塾に通っていたのに、地元の公立ということは…

とか

勝手なことを思ったり言ったりしますからね。

世間体も大切?

だからこそ覚悟を決めて、しっかり学校を選んで、

結果を出すべきなのです。

一度ブログで紹介した実例ですが、中学受験体験アンケートに応募してきた

保護者ですが、最終的に受験校の欄が空欄でした。

冷やかしである可能性もありますが、回答には受験しなかった、とありました。

なぜ受験断念に至ったのかの詳しい記入もなく、まったく参考にならない回答でしたが、

それでアンケート回答の謝礼を受け取ろうというモラルを疑いました。

またある保護者の回答はある定員割れの同じ私立中を3回受けて3回とも合格、

そしてその私立中へは進学せず、公立中進学と書かれていました。

そういえば、書面でのアンケートではなく対面での取材をした中では、

2~3年前の中学受験体験なので、詳しい記憶がない、というケースも

ありましたね。取材依頼を受けて、話せる内容を固めてこなかった、と

いうことでしょうか。

さすがに極端な例ばかりかもしれませんが、

これでは受験を軽く考えているというか

覚悟ができてないととも言えると思います。

中学受験のチャンスはその年限りですが、併願作戦を考えたなら

入試はただの1回限りではありません。

保護者は最後まで可能性を探るべきでしょう。

受験生よりも保護者の粘り負け???

本人の懸命の努力を活かす、そんな保護者でありたいものです。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。