前回の記事では現実的かどうかは別として

塾選びよりも学校選びが先、と書きました。

たとえば現小6受験生で、

「塾選び失敗したあ」と感じているご家庭は何割ぐらい

いるでしょうか。

併願データの偏りを分析する過程で、

高い確率で塾選びは失敗するもんだよなあ、

というのが率直な感想でしたが、

まあ入試本番まであと〇日、という時点で

そんなことを考えてもしかたありませんよね。

そういった意味でも小6の10月から入試本番までの時期は

急激に覚悟が決まる季節なのではないかと思います。

塾の成績が上がらない原因は???

1.塾のせい

2.本人のせい

3.保護者のせい

4.1~3の総合

これも、

まあ入試本番まであと〇日、という時点で

分析してもしかたありませんが、

原因がひとつでないとするなら、

保護者にもある程度の責任があるわけです。

ことしここまで気にかかったのは

塾の成績と合格可能性の相関について。

基礎が固まらない=合格力がつかない

という解釈は確かにその通りですが、

テストができない=志望校に合格できない

が中学受験の悩みや不安だとするなら、

そのこと自体、まだまだかなり到達点から遠いという

証拠ではないかと思っています。

当ブログ的には特に偏差値がらみの話題に対しては

いつもアクセス的な食いつきがよく、イコール

偏差値が足りない=志望校に合格できない

という意識が強いことが読み取れます。

その意識からいち早く脱することこそが

第一志望校合格への近道だと思うんですけどね。

いずれにせよ、

最終的に試験の答案を埋めるのが受験生本人なら、

保護者が関われる範囲は限られています。

実際の併願作戦決定を含め、

想定力が問われる局面だと思います。

まあ、中学受験は最後の会場テストの結果のあとに

しばしば大逆転が起こり得る、ということだけ

強調しておこうかなと思います。

合否の明暗って、実に微妙なもののような気がしますよ…。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。