10月下旬からの一連の流れで、

まず第一に塾選びの重要性がわかったかと思います。

志望校に合格させてくれる塾かどうかで塾選びをする保護者が

多いと思いますが、入塾時点で志望校が固まっていないにもかかわらず、

単に難関校に受からせてくれそう、という安直な選択では

相当高い確率でミスマッチが起こるということです。

裏返せば、その塾が得意な私立中に誘導したほうが、高い実績が

期待できるとともに、会場テストによってもその塾の強みが

はっきり出ていることも具体的に判明したのではないでしょうか。

学校選びも重要だが、それと同等以上に塾選びも大切。

このブログではよく言っていることですが、志望校を固めてから塾選びを始める

ケースはそこまで多くないだけに、中学受験失敗の多くは

スタート時点でつまずいているのだと思います。

塾の合う合わないは塾風とのミスマッチ、講師の技量や相性の問題も

確かにありますが、それ以前の問題も潜んでいるわけです。

それにしても定額制で第一志望校合格保証、なんて塾があったら

人気沸騰は間違いないでしょうが、そんなことはありえないのが

中学受験です。中学受験の先に何を見ているかに

個人差がある以上、塾はコストよりも結果を優先するわけですから、

第一志望不合格のエクスキューズも蓄積されていることでしょう。

それらすべて込み込みで「保護者の覚悟」ということになります。

このブログもまもなく2周めの終盤に差し掛かっていますが、

初心者=中学受験を考え始めて間もない保護者とは限らない、

という印象が日々強まっています。

保護者の成長が中学受験に占める比重は非常に高いと思います。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。