各大手塾がどこで差別化を図るか。

特に四谷大塚と早稲田アカデミーはwin-winの関係…

というより、競っていない印象です。

もちろんそれには理由がありますけどね。

きょうは前回の進学校TOP100から一転して、

TOP100にカウントされない人気校、

つまり大学付属校を取り上げます。

まずは、サピックスの占有率が高い順。

171211spx_fzk

慶應普通部から学習院中等科まではサピックスの占有率が1位。

立教池袋から中大横浜までは20%超えです。

続いて日能研占有率が20%超えの大学付属。

171211nken_fzk

法政第二、青山学院横浜英和、香蘭、日本大学、中大横浜で

占有率1位。5校中4校が神奈川の学校。特徴的です。

そして四谷大塚占有率が20%超えの大学付属。

171211yt_fzk

日能研よりは20%超え校は多いです。

占有率1位も立教池袋、中大附属、法政大学、

早実(早稲田アカデミー1位)、明大明治、明大中野、立教新座と

1位校も進学校TOP100よりも多め。

しかし、四谷大塚合格数と早稲田アカデミー合格数を

比較するとこうなります。

171211yt_waca_fuzok

NN非設定校の両者の比率は前述のように100:74ですから、

早稲田アカデミーの後押しによって数字が押し上げられていることが

わかります。また慶應3校はサピックス在籍のNN受講層が大きく

貢献していることも推測されます。

早稲田アカデミーは大学付属に強いことを前面に押し出し、

四谷大塚本部教室生および非ワセアカ生が伸び悩んでいることを

意味します。

また日能研は神奈川以外ではサピックス、早稲田アカデミーの

競り合いに水を空けられている様子も見てとれます。

東京の付属校15校中、日能研の合格数が早稲田アカデミーの合格数を

上回っているのは、香蘭、学習院女子、立教女学院の3校のみ。

そしてすべて女子校。

早稲田アカデミーが日能研から合格者数を奪取すると、

四谷大塚にもメリットがあるということですね…。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。