四谷大塚の10月合不合ならでは、の話題が続きます。

志望者の偏りは女子校にも顕著です。

2017年の実受験者数と2016年10月合不合時点の志望者の比率。

女子校で高い順に

吉祥女子57%
大妻54%
香蘭女学校51%
学習院女子51%
鴎友学園女子47%
立教女学院45%

合格者の比率は
吉祥女子30%(S)*
大妻31%(Y)*
香蘭女学校27%(Y)(N)
学習院女子24%(S)*
鴎友学園女子19%(S)*
立教女学院39%(S)

(S)合格者1位=サピックス,(N)同=日能研、(Y)同=四谷大塚
*の学校は全入試日程を合計した合格者比率

2017年の実受験者数と2016年10月合不合時点の志望者の比率。

低いのは
フェリス女学院27%
横浜共立学園31%
山脇学園28%
横浜雙葉38%

合格者の比率は
フェリス女学院18%(S)
横浜共立学園23%(N)*
山脇学園26%(Y)*
横浜雙葉17%(N)

四谷大塚の合格者比率が、実受験者数と10月合不合時点の志望者の比率を

常に下回っているのは、10月合不合に四谷大塚以外の塾生が

参加していることで説明ができますが、

実受験者数と10月合不合時点の志望者の比率が低い女子校は、

横浜共立学園、横浜雙葉をはじめとして、

フェリス女学院も山脇学園も日能研在籍生に人気が高く、

日能研の合格者数も多い学校なのです。

10月合不合に参加する他塾生に日能研在籍生はほとんど

含まれていないということでしょう。

つまり合格率はともかく、志望者層の薄さは女子校、

とりわけ神奈川生を中心に表れています。

裏返せば、日能研のもっとも強いエリアの学校=

実受験者数と四谷大塚10月合不合時点の志望者の比率が低い学校となります。

これは男子校でも

栄光学園24%、聖光学院33%、浅野34%、逗子開成30%という数字を

見ればわかることです。

ただし、合格者数1位塾のマークをつければ、

栄光学園(S)、聖光学院(S)、浅野(S)、逗子開成(N)ですから、

聖光学院のようにNNが設定されていない学校のサピックス生は

10月合不合に参加してこないということなのでしょう。

ふつう中学受験を決めてから、塾を選ぶわけですが、

塾を決めてから志望校を選ぶと思わぬミスマッチに泣かされる

こともわかるかと思います。

かといって「とりあえず最難関校志望」だからサピックスという

のも安直な発想だと言えます。

実は聖光学院に限っては10月合不合の志望者に対しての

四谷大塚合格者数は、10月合不合非参加者の合格率より高い、

という数字が出ています。

塾業界、ニーズを煽って、実績をあげる構造は避けられない

ということです。

併願者データの分析からここまで行きつくとは

当初想定していませんでしたが(笑)、

ひとつは間接的に会場テストの偏差値の信頼性を

問う結果になったのではないかと思います。

また、大学合格実績といっしょで、

有名校合格数だけを気にかけて塾選びをすると、

思わぬ事態に陥る…そういう話でした。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。