受験本番までのカウントダウン。

残り少なくなればなっただけの「やりよう」があるものです。

その場面場面で尽くすべき「ベスト」があります。

ベストを尽くさずに時間が過ぎていく…それはとても残念なことです。

誰もがその年にしか経験できない中学入試ですから、本人はもちろん

過去の経験から答えを導き出すことはできません。

幸いにも兄姉が中学受験経験者であれば、保護者としての心構えは

少しは違ってくるかもしれません。

もちろん兄弟姉妹であっても受験はそれぞれ違います。別の学校を志望する

ケースのほうが多いのではないでしょうか。

理想的なことを言うのであれば、受験生本人が「あとどれだけ」を

意識できるようになることでしょう。偏差値であといくつ、ではありませんよ。

教科ごとに「こういう問題はできる」「こういう問題は解いたことがない」

解ける問題は解け続けることでしょう。解いたことのない問題は解けるように

なればいいだけのことです。そして入試本番では練習しなかった問題が

出題されます。難関校になればなるほどその確率は高まります。

しかし、それは合否を分ける問題ではありません。

受援生本人がほんとうに認識すべき「あとどれだけ」は

「解いたことのない問題」を数多く解き、以降解け続けるようになる

塗りつぶし作業です。そして、最後に目指すのは満点ではありません。

合格最低点をクリアすることです。

かなり大ざっぱな言い方ですが、入試本番までに

「そうなっていればいい」が志望校合格へのイメージです。

決して80%偏差値までにあといくつではないのです。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。