さてTOP25は強豪校(!)がひしめきあっているとしても、

TOP26-50に目を向けると、いよいよ

入試難易度(偏差値)と進路実績の変動の間にギャップが見えかくれします。

男子校では偏差値70の桐朋。近3年の東大合格者数は40名。

偏差値62の巣鴨は東大合格者46名。

偏差値64の暁星は39名。

なんだ、桐朋の偏差値との兼ね合いで見たら、

巣鴨や暁星は東大合格者多いじゃないか。

TOP50の中で2017年の結果偏差値がもっとも低かったのは

共学校の穎明館の54。東大10名。

男女募集校の桐光学園も男女の中間値は51で、東大16名。

なんだ探せばお得な学校があるじゃないか!

本当にそう思うのなら、近年の推移をよくよく調べてみましょう。

え?このブログの引用している「2011-2017の7年間平均値」が

不正確なんだろうって?

穎明館も桐光学園もTOP50の学校なんかじゃないはずって?

そう来ましたか。

7年間の間に実績が急落している可能性はないのでしょうか。

つまり、たまたま突出した1年のせいで、あたかも

実績が急伸している印象を持たないための平均値は

急落している学校の過去の栄光も拾ってしまう弱点が

あるということです。

これから伸びそうな、いまは入りやすい学校を見つけようと

しても、真逆の学校を視野に捉えてしまうということになります。

さもなければ、まったく実績のない学校に対して、

「きっと伸びるはず」といわばギャンブルに走るしか、

お買い得校探しは成立しない、ということになるわけです。

さて、この結果偏差値の推移から、

その学校がしっかり生徒募集ができているか、

もし仮に進路実績が停滞気味であっても、立て直すメはどれだけ

あるのか、そこを見極めようとすると

また別のリスクも浮上してくるから厄介です。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。