そういう学校…うまく見つけられるいいですが…

実際問題なかなか難しいと思います。

十年ほど前に進路実績と入学時の偏差値を比較してみたことが

ありました。

そのときの見つかったのはその逆のパターン、

進路実績のわりに偏差値の高い学校、でした。

共通点として系列の小学校がある、というものでした。

私立小の中での学力差もけっこう大きいようで、

ケースバイケースで

小学校から同じ系列の中学へ必ず進学するとも言えないようです。

私立小に通学していても別の中学を受験するケースは

大学付属など一部を除いて珍しくありません。

そして小中高大と続いている学校は、

どの時点でどの程度の生徒募集をするかで

学校の教育の方向性が変わってきます。

つまり進路実績にも何らかの影響があるはずです。

中高一貫教育をしていると仮定すると

学校形態は

小中高
中高
小中高大
中高大

の4パターン。

募集タイミングは

小中高
小中
中高

の4パターン。

ただ進路実績上位の学校の並びを見ていくと、

高校募集のある学校が少ないばかりか、系列小がある学校も

多くはないことがわかります。

ですから系列小の有無で判断しようとしても、

お買い得かどうかにはいまひとつ直結しません。

系列小があって中学受験の偏差値がそこそこ高いということは、

その学校にブランド力がある、ということにもつながってくるからです。

というわけで少なくとも小も大もない、高校募集もない

中高一貫特化型の学校が比較的高い進路実績を残している、

ということまでしか見えてきません。

いまてもとにある難関大学合格比率、2011-2017の7年間平均値で

私立のTOP50を見ていくと

こうした系列小がなく、高校募集をしない学校がもっとも多くを占めます。

もしグループ内に大学はあるものの内部推薦を希望する生徒が

ほとんどいない学校を含めると50校の半数以上を占めるわけです。

残りは系列小があって、高校募集がない学校と、

系列小がなく、中高で募集をする学校がほぼ半々。

系列小があって、高校募集をする学校、

高校募集がなく、大学を持っている学校はごく少数派になります。

学校の募集スタイルと、入試難易度・進路実績の変動の間には

何らかの相関関係があるはずですが、共通パターンとしての

説明は簡単ではありません。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。