まずは最初のエピソード。十年は前の「古い」話になります。

その学校も「英語に力を入れている」とうたっていました。

当時の説明会で何と在校生が登場してパフォーマンスを見せてくれました。

それは英語の暗誦でした。

正直言って理解に苦しみました。

暗誦ですから定型です。

そういうものです。

正確な発音で文章を覚えることができる…。

それが何にどうつながるのかということです。

昔の英語教育はそれが先進だったのかもしれません。

別の学校でも同じようなパフォーマンスを見かけた

ことがありました。

会の出席者の前で統一感をもって行うわけですから、

生徒たちの一言一句間違えちゃいけない、という

緊張感も伝わってきます。

「進学校」ではそんな場面に遭遇しません。

ある学校の英会話の授業では

冒頭で先生が指名した生徒との「見本」を提示したあと、

それぞれとなりの生徒と2人ひと組になって、

見本通りリピートしなさい、という場面に出くわしたことも

あります。

見本通り達成できたかどうか、本人たちしか確認のしようがない

授業でした。ペアになった生徒とちゃんとできたフリをすれば、

時間は過ぎていく、そんな気がしたものです。

「英語」に時間を割くということだけに満足してはいけない

という話です。

もちろん学習段階によっては「自信をつける」ことが最優先な

場面もあります。

両極な例では学校説明会で、生徒たちの英語でのプレゼンの様子を

動画で紹介している学校がありました。内容はかなり医学的な研究内容だったと

記憶しています。英語の巧拙以前にプレゼンのテーマとして

そういった先端的な医学分野の題材を選ぶという時点で、

これは一部の優秀な生徒の例に過ぎないのだろうと思うわけです。

それでも、ここで紹介した実例の中では、この英語プレゼン動画が

いちばん「ほぅ~」となることでしょう。

また別の学校ではスピーキング・リスニングに力を入れている様子を

見たこともあります。

「英語耳」は12・13歳の時点で完成してしまう、というような

学説があるようで、中1の時点で、本当の発音をマスターしてしまおう

という授業の趣旨でした。

LとRの差異をはじめとして日本語にはない音、二重母音などの種別を

徹底して叩き込んでいたと記憶しています。

先生曰く「単語の意味はどうでもよくて、音をマスターしてほしい」

しかしながらたとえ30人程度でも多人数の授業ですから

「間違っても恥ずかしくない。間違うほどちゃんと覚えられる」という

雰囲気までは感じませんでした。

自分だったら「いまは意味は知らなくていい」と言われるほど、

即座に辞書を引いてしまいます。

当然クラスには積極的な生徒と消極的な生徒がいるわけですから、

教員が配慮するだけでなく、同じグループ内で気をつかいあうような

精神的な成長も併せて促す必要があります。

中1男子だと、クラスにひとりやふたりは自分が、自分がという生徒が

いて当然です。

こうして英語授業参観の記憶をたどっていくと、なるほど学習レベルに応じた

メソッドが存在することがわかってきます。

「本校は英語教育に力を入れています」というフレーズが前面に躍るほど、

注意深く観察する必要があると言えるでしょう。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。