前回ピックアップした

生徒数を減らしている度合いが高い15校のうち、

2017年春の卒業者数が過去11年間のうちで最低数だった学校は6校ありました。

このまま減り続けるのか心配な学校です。

そこでまずこの15校について、次の学年の在籍者数を

調べてみました。

次年度が生徒数が回復する学校が10校、

さらに減少する見込みの学校が5校という結果が出ました。

最低数をさらに更新しそうな学校は2校だけでした。

各校とも募集に奮闘している様子がわかります。

実はこの15校の中で、高校募集(一般募集)を行っていない

学校は聖学院1校のみ。

つまり中学募集の状況を踏まえながら、高校募集で何とか

頑張っている様子がわかります。

中学募集の不振を高校募集でカバーする。

それが叶っているなら学校としてはひと安心です。

と同時に軸足が高入生にシフトしているとすれば、

受験生は中学受験の際に選んで正解か?という問題も浮上します。

前回記事で生徒募集の立て直しは高校募集から、

と題したのはその意味からです。

ところがそもそも高校募集をしていなかったり、高校募集を

していても10~20名前後の学校では、

中学募集の不振は即学校経営に響いてきます。

今回の集計で2015-2017年の卒業者数平均が2007-2011年の卒業者平均の

85%以下だった学校は36校あり、全体の1割を超えますが、

この中には中学新規開設、高校募集停止による定員変更も含まれますから

36という数字は意外ではありません。

私立中高の学年ごとの在籍数は年度によって上下幅が大きいので

推移については簡単には把握しづらいとも言えます。

ところが抽出方法を少し変えて、

17年春の卒業者数が11年間で最少だった39校の中から、

中学募集にはっきり軸足を置いている学校を拾ってみると

実に多くの女子校が苦戦していることが見てとれます。

共学化、高校募集再開、クラス構成の変革などが

相次いでいます。

いずれも総受験者数2桁といった既存の募集困難校では

ありません。300~500名の受験生を集めていても、

実際に入学者ベースでは危機的状況になっていたということです。

あくまでも卒業生数ベースで語っているということは

すでに中1入学時点で予見できているわけです。

あまりに辛口のような気もしますが、動きが鈍いのと同時に

次の受験生に期待を持たせるためだけの改革&ロジック

ではないか、と思えるフシもあるわけです。

こうなると難関大合格!という結果至上主義に

批判的な態度をとるのも自分で矛盾しているように

思えるほどです。

大学入試改革がそういった改革の口実にされている

気さえしてくるほどです。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。