神奈川も東京と並んで中学受験率が高い地域ですが、

東京よりも高校募集のない中高一貫校が多く

高校募集のある進学校で名前が挙がるのは

山手学院、桐光学園、鎌倉学園、桐蔭学園といった

あたりです。進学校といえる女子校では

すべて高校募集がなく高校受験の際の選択肢は

かなり狭いと言えるかもしれません。

まあそれでも実際の通学事情を勘案すると

神奈川から都内(町田市含む)へ通学しているケースも

多いため、神奈川の高校受験生が気にするのは

実は都内私立の偏差値だったりします。

とりあえず、Wもぎで60以上ラインで校名を

拾ってみると…

69-65では

山手学院、桐蔭学園、桐光学園

60-64では

鎌倉学園、横浜隼人、平塚学園、横須賀学院、湘南工科大、

藤嶺藤沢、横浜創英、相洋

と並びます。

平塚学園、湘南工科大は中学併設のない学校です。

桐光学園、鎌倉学園を除けば2ライン以上の

コース別募集の最上位クラスを含んでいますから、

さほど違和感を感じる並びではないようです。

東京と神奈川でやや違うのは、中位に位置する

私立中高側から見て高入生主体で進路実績を伸ばす、

という狙いがなかなか実現していないことです。

対難関大では

私立の完全中高一貫校と公立上位校の厚い実績の

壁に阻まれています。

進路実績に動きがなければ、中学募集で注目を

集めることも少なくなり、各校のポジションが

固定されることになっていきます。

学校間の競争が起こりにくい状況を感じます。

さて最後に中高入試の偏差値ギャップ。

Wもぎ理数68、普通65の山手学院・男子が2/1・1次入試

首都圏模試62、四谷大塚52、日能研51

同じく理数66、普通61の桐蔭学園・男子が2/1・1次入試

首都圏模試49、四谷大塚40、日能研38

同64の鎌倉学園が2/2午前入試で

首都圏模試66、四谷大塚55、日能研54

中学入試のほうがライバル校が多く上位生が分散するため、

中学受験のほうが有利なのは確実に言えますが、

学校差は大きいようです。

いずれにせよ一貫生が進路実績の主導権を握るように

バランスをとったほうが、学校としては募集が

安定する、というわけでしょうね。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。