中学入試における偏差値の捉え方、会場テストによっても

大きなバラツキがあり、解釈が難しいことを強調してきました。

使い方を誤ると偏差値は学校選びの邪魔になる、と言っても

過言ではないと思います。

さて、ここで紹介するのは中学入試ではなく高校入試における

1都3県の高校入試の偏差値です。

材料としては首都圏最大規模をうたうWもぎを使用します。

会場テストは参加者数が多いほど精度が高まると言えますが、

合格ラインについては実施地域と志望者のバランスによっても

かわります。

まず最初に東京・男子。

私立(国立)高校は上位から

開成、筑駒、早大学院、筑波大附属、学芸大附属、早稲田実業。

70以上はこの6校

中学募集と高校募集が完全に一致していないのは学芸大学附属1校。

65-69のゾーンでは

桐朋、青山学院、城北、広尾学園、淑徳、明大明治、国際基督教大学、

立教池袋、駒込、淑徳巣鴨、順天、東京成徳大学、日本大学第三、

中央大学附属、錦城、帝京大学、京華、駒込、中央大学杉並、

八王子学園八王子、桜美林、拓殖大学第一、中央大学、東工大附属科学技術。

コース別募集をそれぞれカウントすれば24校。

このうち中学募集がないのは国際基督教大学、錦城、

中央大学杉並、拓殖大学第一、東工大附属科学技術の5校。

中学入試でも難関の学校も多く含まれますが、

なかには首都圏模試で偏差値40台の学校もあるようです。

中学入試の母集団と高校入試の母集団には差があると

よく言いますが、さすがに偏差値が20違うとなると

不可解と言わざるを得ません。

東京・女子の場合はどうでしょうか。

偏差値70以上は、

慶應女子、早稲田実業、お茶の水女子大附属、筑波大附属、豊島岡女子学園。

65-69のレンジには

青山学院、広尾学園、淑徳、明大明治、国際基督教大学、駒込、淑徳巣鴨、

東京成徳大、日大第三、中央大学附属、錦城、帝京大学、

国学院久我山、十文字、駒込、中央大学杉並、八王子学園八王子、桜美林、

拓殖大学第一、中央大学、東工大附属科学技術。

高校募集をする女子校は少なく、ほとんが共学校なので

男子校のラインナップとはほとんど変わりません。

そして驚くポイントがもうひとつ。

この数字は合格率60%の偏差値だということです。

中学入試では合格率80%の偏差値がまず一般的ですが、

もしここでそれを求めれば、合格ラインはさらに上昇するという

ことになります。

まあとにかく付属校を除けば、早慶上智合格実績40%の学校と、

5%の学校が同じ難易度で並んでいるわけですから、

高校入試の偏差値表、中学入試の中堅校の混沌の比では

ないようです。

きょうはまずここまで。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。