毎年のように1都3県の私立中高一貫校の進路実績推移を詳細に

データ蓄積をしていますが、7年間の平均値で

公立中高一貫も含んだ上位100校のラインは、

卒業者数をベースにした難関大合格率が

国公立大10%、早慶上智25%、MARCH50%ぐらいのバランスになります。

2011~2017年の集計でこのラインに位置取るのはあくまで一例ですが、

男子校で獨協、女子校で清泉女学院、共学校で順天などの校名があがります。

まず獨協(2/1入試)。結果偏差値で見ると、首都圏模試53、四谷大塚43、日能研44。

清泉女学院(2/1)は、首都圏模試57、四谷大塚47、日能研48。

順天(2/1AM男子)。結果偏差値で見ると、首都圏模試57、四谷大塚44。

日能研では順天(2/1AM男子)は判定されておらず(2/1PM)が49となっています。

偏差値表上の学校分布では四谷大塚・男子2/1AM+2/1PMの41-45のゾーンには

17校ほどが名を連ねていますが、獨協と同等レベルの進路実績なのは、

わずかに順天、自修館の共学校2校にとどまります。

同じように女子で見てみると清泉女学院の47を含む45-49のゾーンに

AMPMで27校の校名が見えますが、清泉女学院と同等以上の実績で推移しているのは

穎明館、大妻多摩、光塩女子学院、品川女子学院、順天、青稜、東京女学館と6校ほど。

いかに偏差値表の上の校名が混沌としているか、ということです。

つまり入試改革と称して、その時点の実力以上のポジションに校名を

送り込む戦略が一般化しているということでもあります。

「6年後に結果を出す」つもりでも、実際にその思惑通りになっているかどうか、

誰も保証することはできないわけです。

次回は中学入試の視点から少し離れて、偏差値の不思議、逆転現象を

調べます。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。