偏差値の信頼性は偏差値自身が語っているように思います。

首都圏模試の結果偏差値で80%合格可能性ライン、

開成が78で桜蔭が76でした。

80%合格可能性ライン最低の学校はどこでしょうか。

中堅以下の多くの学校で合否ボーダーが消えて、

ラインが引けなくなっていることを書きました。

結果偏差値が例年に比べてリアルさを増したのでは?

と書きました。

80%ラインの最小値は40で、50%ラインの最小値は36です。

ここまで来ると下位校への合格は容易、

なのではなく、80%ライン、50%ラインが引けていること自体が

特殊です。

その証拠に、

80%ラインが42以下で引かれているのは、

足立学園、京華、佼成学園、日大豊山、女子美大付属、

玉川聖学院、和洋国府台女子、淑徳巣鴨、東海大相模、

(※合格ラインが低い日程を抽出)とこれだけです。

男子校4校、女子校3校、共学校2校の9校。

ところが昨年までボーダーが引かれていて、17年入試で

結果偏差値が出なかった学校の中には50台後半の学校も

珍しくありません。

そのほとんどが実質倍率1倍台前半の学校ですから、

不合格者を見つけにくい入試だったことが推測できます。

首都圏模試センターの参加者が減ったことが、

合否のラインが引けなかった原因であるとは

にわかには考え難いわけです。学校によっては

合否ラインは40台でも引かれているわけですから。

これがリアルさを増した、と見なす根拠です。

ところが四谷大塚、日能研の結果偏差値を見て

この部分で違和感を感じました。

大人の事情といえば、それまでですが、

けっこう多くの学校で80%偏差値が引かれています。

四谷大塚では2/1男子だけで16校が偏差値40未満で合否ラインが

算出されています。最低は35です。

2/1女子では24校。このうち女子校が15校。最低は35。

50%偏差値の最低は30です。

日能研はというと2/1男子で13校、同女子で14校が

39以下で80%ラインが引かれています。

四谷大塚と首都圏模試の偏差値に7~12の差があるはず

でしたが、中堅下位では差がないようです。

合否ラインはないよりあったほうが受験生の目安に

なるでしょう。

ただし、そこでリアルさを失う結果にもなりかねないと

思いました。

繰り返しますが、学校側からすると校名が偏差値表から

消えるのは困るわけです。

たとえ実質倍率1.1倍でも、偏差値表には載っていたい。

この状況下では、進路実績的に

少しでも将来有望な学校を見つけ出すのは至難の技です。

有望な学校が皆無なのではありません。

どちらかというと玉石混交です。

四谷大塚・日能研ともこの80%偏差値40前後が

これだけ難解になっているとは想像していません

でしたが、これはあくまで日程別の横長の一覧に

こだわっているからでもあります。

首都圏模試のように学校別の一覧を作っておけば、

リアルさはもっとしっかり見極められることでしょう。

そこでこう思います。テスト主催者自身、

一覧表を作成する側もそこまでリアルな偏差値は

不要と考えているのでは?

せっかくですから、もう少し偏差値表の矛盾と、

いっぽうで拾い集められるリアルさを続けたいと思います。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。