女子は男子に比べて合格ラインが上がっていない学校は

少ないようです。

ただ気になるのは偏差値が算出できなくなってる、

つまり合格ラインが消滅している学校があることです。

シンプルに言えば首都圏模試の偏差値が算出されていなかった

のはデータが足りなかった、ということですが、

志望者データが少なかっただけでなく、不合格者データが

少なかった可能性も考えられます。

人気校、超難関校では他の会場テストを受けた可能性も

考えますが、それが原因で合格ラインが消滅することは

まずありません。合格者があまりに少ないか、不合格者が少ないか

の偏りと考えます。

↓5年前と比較して結果偏差値が上昇して「いない」学校群

170608_80hensa_bottom

※入試は各校の初回入試のみをピックアップの対象にしています。

合格ライン上昇では共学校がやや目立ちましたが

こちらの表では女子校が目立ちます。

偏差値帯としても50台の中堅校が多いようです。

5年前の比較も重要ですが、前年との比較にも注目したいところ

です。

次年度にプラスの反動が出るかどうかはわかりませんが、

学校としては今後に向けて明確な生徒募集アピールが

だと見ます。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。