結果偏差値の5年前との比較・男子編は

抽出76校(上位進学校+人気付属校の初回入試)の

80%偏差値の平均上昇幅は2.3でした。

2012年、2013年あたりと比較すると

2017年偏差値はかなりリアルになっているように

感じます。

ということで、昨日の表(記事末に再掲)2012年と2017年の比較と

2016年と2017年の比較を併記しています。

上昇幅がもっとも大きいのは

中央大学附属横浜で

54→58→58→60→63→66

という推移。

受験者数のピークは2013年で、その後3回入試が

2回入試になったこともあり、総受験者数は減少傾向。

ただし2017入試は前年と比較して

1回入試の合格者数を絞り込み、

2回入試(午後入試)の合格者を多く出していたので

1回入試が難化して両者の差がぐっと縮まりました。

東京の中央大学附属・男子は80%ラインが64で、

50%ラインが58、横浜は80%ラインが66で

50%ラインが63ですから、すっかり逆転しました。

中央大学附属は横浜線から八王子乗換で通学可能なので

両校が多少競合しているのかもしれません。

横浜は強気に入試回数を減らしたことが

功を奏しているように思います。

MARCHへの内部進学率が高い付属校、

男子の80%偏差値レンジは64~67といった感じですから

ここに揃ってきたようです。

中央大学附属横浜の次にここ5年間で難化したのは

広尾学園で5年間の伸びは9です。

2012年は59で2017年は68まで難化しました。

この2月1日午前の本科は実質倍率が2016年の

3.5倍から、2017年は4.0倍へ上昇していますから、

これも偏差値上昇に反映しています。

進路実績を見るなら人気を集めて当然の学校でしょう。

この2校の次に目立つのは栄東のA日程。

実質倍率1.3倍で2800名もの合格者を出す入試ですから

ライン上昇は信じがたいものがありますが、

80%偏差値が68に対して、50%偏差値は62と幅がありますから、

少ない不合格者の中に上位層が含まれている傾向と

言えそうです。

上昇幅8のうち、2016→2017の伸びが4であることに

カギがあるのかもしれません。

いっぽう80%ラインが下がっている学校。

進路実績の停滞を入試の合格ライン偏差値のダウンに

求めるのは好みませんが、

すでに進路実績が停滞もしくは低落傾向にあるなかで

入り口の難易度も下がる、結果的に不人気校化するのは

かなり深刻な状況のように思います。

表でピックアップした中には進路実績とは相関していない

学校もありますが、これは次年度人気が復活するのでは?

と思ったりもします。

ここで学校ごとに取り上げることはしませんが、

後日、合格ラインが一律に上昇する傾向を

掘り下げるときに言及したいと思います。

クラス別・コース別募集をしつつ、合格ラインを調整する

ことで一定の受験生を確保する戦略は可能ですが、

いったん受験生に敬遠され始めると、実質倍率が低下し、

あっという間に合格ラインが下がるように思います。

fc2ブログのほうでも詳細に分析していますが、

2017年春の大学合格実績は募集の目玉にできるほど

伸ばしている学校はかなり少数のようです。

入学した生徒を6年間で着実に伸ばすことができていないと

いくら上位の進学校でも急落する怖さを感じる結果です。

(↓5年前と比較して80%偏差値が4以上上昇)

170605_80hennsa_top

(↓5年前と比較して80%偏差値が横ばい、もしくは下降傾向の学校)

170605_80hensa_bottom

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。