首都圏模試センターが公表している

予想偏差値と結果偏差値。それぞれの異なる視点を通じて、

偏差値というものの本質的な性格、役割が

少しでも伝われば幸いです。

この「偏差値はあくまで目安」というフレーズを

しっかり理解するまでには時間がかかりますが、

つかんでしまえば、会場テストごとの上下動に

過度に一喜一憂することもなくなるような気がします。

そもそも今回サイトに公表されている結果偏差値の

前年比較データから「推移」も読み取れるはず、

というのがきっかけでした。

ベースには人気校は80%偏差値が上昇一途という

気がかりな事情がありました。上昇するばかりで

下降する学校があまりに少ないのは、

何らかの意図が働いてやしないか、とも思いました。

そして偏差値の上下動と進路実績の関連も

掘り下げてみようと考えました。

まずは、5年前の2012年の結果偏差値と

その変動を比較します。

最初にきょうは男子編。

男子校と共学校の男子、です。

最初に上昇傾向の学校。

170605_80hennsa_top

次に横ばい、もしくは下降傾向の学校。

170605_80hensa_bottom

80%偏差値が5年前と比較して4以上上昇した学校だけでも

これだけを数えます。

簡単な解説はまた次回。

※偏差値の比較は各校の初回(一般)入試のみで行っています。

※校名赤字は大学付属校です。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。