かつて入学者が募集定員割れしている学校に

注目した時期がありました。

ただし、入学者数は入試の結果としては

公表されないケースもあります。

そこで各年度の在籍生徒数とリンクさせて

見るようになりました。

私立の場合が、学年ごとの在籍者数に

大きなばらつきがある学校が珍しくありません。

また入試の状況としては募集定員>総受験者

となっている学校は、その時点で定員割れが確定です。

一度その状況に陥ってしまうとなかなか盛り返すことが

できません。

そうした学校は頻繁に入試日程や形式を変更し、工夫する

のですが活路を見出せません。

大手会場テストで偏差値が算出されない学校は

志望者の(合否)データが不足しているわけですから

そうした定員割れ予備軍、ということになってしまいます。

首都圏模試センターが今回、その学校のすべての日程において

結果偏差値を算出しなかった学校は

何と26校に及びました。

首都圏模試センターのサイトを見ればその詳細は

わかります。

その多くが受験者数を減らしていますが、

なかには増やしている学校もあります。

総受験者数としては400名を超える受験生が

あるのに、偏差値が算出できないのは

合格を多く出し過ぎて

合否のボーダーが見えないということです。

なぜ合格を多く出し過ぎるのでしょうか。

それは合格者が入学手続きをとらず、

歩留まりが低くなるからです。

つまりその学校の志望順位が低い、

魅力不足…という悪循環です。

進学塾も会場テストも競争原理にさらされていますから、

すべての中学募集校にまんべんなく配慮する

余裕はなくなってきてるとも言えるでしょう。

今回の首都圏模試センターの17年結果偏差値でそんなことも

感じました。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。