都立中高一貫に続いて偏差値に関連した話題を

進めたいと思い、今回結果偏差値を分析することにしました。

当初は人気校は毎年のように偏差値が上がり続け、

受験者数の増減にかかわらず、難化を続けるのは

その会場テストの偏差値では、実際の難易度が測れなくなって

いるのでは?という仮説のもとに

難易度上昇が止まらない学校の掘り下げを考えていた

わけです。

「難易度が測れない」では、会場テストとして十分に

機能していない、わけで、さまざまな会場テストに

受験生が分散する状況もその背景ではないか?とも

考えました。

ところが、そんなことより、です。

先入観というものはあるもので、

かつて受験情報誌を制作していたときに

四谷大塚提供のデータで

「データ不足のため」で偏差値が出てこない

学校が多くあり、その入試状況を照らしあわせて

みると、そのほとんどが募集定員>入学者数が

はっきりしている(充足率が低い)学校ばかりでした。

当該の学校から言わせると、

「偏差値表に校名が載らないのは悲しい。下のほうでも

いいから載りたい」

なのですが、会場テストでの実際の志望者が少なければ

その望みはかないません。

そのいっぽうで首都圏模試ではほぼすべての学校・入試回に

偏差値が割り当てられており、まあそこは

大人の事情もあるのかな、と長い間思ってきたわけです。

今回、その首都圏模試センターでも

「予想」偏差値と「結果」偏差値では別、という立場が

明確になり、状況とは変化するものであるのを

認識するのと同時に、中堅以下の学校が必死に

「受験者数を増やそう」と努力してきた結果が

その努力ほど報われていない厳しい現実を知りました。

いったい受験生が何人いれば、合否のラインが明確になるのか?

学校ごとに置かれている状況は違いますが、

ある神奈川の女子校では5回の入試で300名以上の受験生を集めているにも

かかわらず実質倍率がすべて1.1倍で、昨年出ていた

全入試回の合格ボーダーが消滅しています。

昨年偏差値47だった80%ラインがことしは「算出不能」と変わりました。

これは重要な示唆だと思うわけです。

たくさん受験生がほしい。たくさん入学してほしい。倍率が下がる。

偏差値が算出できない。(=入試として機能しない)

学校側のホンネは偏差値が出なくても

合格をたくさん出したいのかもしれませんが、偏差値表から校名が

消えれば逆効果。そこで「予想」偏差値なら従来通り、というわけです。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。