まず前回の記事の中で少し誤解がありましたので

修正しておきます。

首都圏模試センターの偏差値、すでに公表されている

(第一回=4月)2018年入試用偏差値は「予想」偏差値でした。

予想偏差値ではあくまで可能性のあるすべての学校の偏差値を

公表しているようです。2018年の入試要項は

この時期、まだ完全に確定していません。

そこで推測も含むとあります。

いっぽうで2017入試結果偏差値は別に確定しており、

こちらは全学校全日程を網羅するものではありません。

この「予想」と「結果」を正しく理解している必要がありました。

さて、結果偏差値を前年と比較して

その学校が難化しているのか、

易化しているのかという問題がひとつ。

もうひとつは会場テストの偏差値が正常に機能しているのか、

という問題がもうひとつです。

首都圏模試センターの考え方でわかるように、予想偏差値は

推測が可能であり、結果偏差値はあくまで現実です。

この結果偏差値を詳細に見ていくと不思議なことに気づきます。

結果偏差値80%の下限は40ですが、上限は78まであります。

下限が40の場合、50%偏差値はほぼ35~37の範囲になります。

50%偏差値が設定できるということは、すなわち実際に

偏差値の分布で判断できる不合格者が存在したということで、

80%偏差値の下限が40ということは、40未満はほぼ倍率1倍で

限りなく全入に近いということになります。

偏差値の中心線は50ですから、50%偏差値は37~63の範囲に

収まるべきではないのかと思いますが、どうも年々偏っているように

思えます。

それは受験生減少のため、結果偏差値を算出するに

十分なデータが揃わない学校が続出していることによって

裏付けられるようです。

です。入試日程を細かく分割し、

受験しやすくした結果、受験生が分散してしまい、

データ不足になっている学校がここまで多いとは

思いませんでした。

人気校がますます難化する一方で、ボーダーが下がって

入りやすくなるを通り越して

「結果偏差値が出ない」ケースが随所に見られます。

会場テストごとに受験生が分散し、

首都圏模試における特定中学の志望者(受験者)数が

足りないという可能性も否定できませんが、

その前に当該校の総受験者数を

確認したときに、そもそも合否のボーダーが消滅しかかって

いるケースが発生しているようです。

こうした学校がざっとみて1都3県で20校以上。

人気の二極化がこうした形で表れているとしたら、

シビアといわざるを得ません。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。