実は2010年募集開始、2016年第一期生卒業の南多摩の実績に注目していました。

都立中高一貫校の中で中等教育学校に改組した学校には桜修館、立川国際など

母体校を引き継がない学校と小石川、三鷹、南多摩のように母体校の校名を

残しながら中学募集を開始した学校があります。

母体校としての南多摩は、都立の中でも現役進学率が高く、MARCH実績が

高い学校でした。

ところが、中高一貫二期生の実績を見ると、現役率の高さはそのままに

国公立大実績は20%を超え、母体校時代のベストを大きく上回りました。

これは三鷹にも言えることですが、中高一貫生になり国公立志向が強まったことが

わかります。

いっぽうでMARCH実績が母体校時代と比較して

伸びているかといえば、そうでもありません。

合格者数における内訳の変化が見てとれるのです。

前回と同様に

進学指導重点校7校と中高一貫校11校の「MARCH」実績を

ソートしてみました。

国公立大、早慶上智の場合とはまた並びが変わってきます。

170509toritu18march

中高一貫校はMARCH実績に関しては優勢とはいえないようです。

というよりも、すでにターゲットが「国公立+早慶上智」に

定められている印象です。

中高一貫11校でもっともMARCHの数字が低いのが

武蔵の53.6%ですが、

進学指導重点校7校につづく高校募集校、

進学指導特別推進校を見てみると

新宿107.2%、駒場93.2%、町田92.6%、小山台91.5%

など中高一貫11校よりも高い実績の学校ばかりが目立ちます。

その代わり早慶上智では新宿が38.1%が最上位で、

進学指導特別推進校では早慶上智とMARCHの実績が

大きく開いています。

進学指導重点校7校と進学指導特別推進校6校では

進路傾向が大きく異なると同時に、都立一貫校は

必ずしもMARCH現役進学を最終目標とはしていない

ことがこれでわかります。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。