なにごとも違和感を感じることが出発点だったりします。

ほんとうにそれでいいのか?

といろいろ掘り下げてみて、違うんじゃないか?

となるわけです。

公立中高一貫校。

最初の頃はこの言葉も新鮮でした。

宮崎県の五ヶ瀬に県立の中高一貫校が開校したのは1994年。

その後、学校教育法の改正で

日本初の中等教育学校になりました。

そこからすでに23年が経過しています。

公立中高一貫校からどんなイメージを受けるか。

日本全国に設置された公立中高一貫校は進路実績的には

ピンキリで、ほぼその実績に応じて、

入学選抜の競争率もさまざまです。

県によってはいまだに1校も設置していない県もあります。

何校も設置して、まったく人気のない県もあります。

すべてはそれぞれの都道府県の高校入試の状況や

教育委員会の考え方に左右されているということです。

それでも、公立中高一貫校は設置数が増加していると

いいます。

かつて公立中高一貫校に特化した情報誌の制作に

携わった経験もあるのですが、首都圏は別にして

1都3県だけを注視していると、情勢が知らない間に

変わってしまっている可能性も大いにあるわけです。

そこで極めて限定的ですが、

まずは東京大学合格と公立中高一貫校について、

最新事情をチェックしてみようと思いました。

まずは公立中高一貫校で東大合格者が多い都府県。

1位=東京都40名、最多は小石川の14名

2位=岡山県20名、最多は岡山大安寺の7名

3位=千葉県18名、すべて県立千葉

4位=宮崎県11名、すべて宮崎西11名

5位=神奈川県10名、最多は相模原6名

このほか京都府では5名ですが京大合格者は55名で府下2、3位を

占めています。

意外といえば意外な順番ではないでしょうか。

難関大合格者は上位校に分散している県と都道府県庁所在地の

トップ校に集中しているケースが見られます。

東京では日比谷45名、神奈川では横浜翠嵐が34名ですから、

トップ校1校で公立中高一貫合計を上回っています。

いっぽう東京大学合格者0名という県もあります。

たまたま合格者がいないのであれば、気にすることはありませんが

そもそも受験生から進学校とは見なされていない

不人気のケースもあるようです。

進学校ではないが、高校受験はしなくていいから受検したい。

という心理の背景はどんなケースでしょうか。

家から通いやすいから???

いずれにしろ、目指せ都立中!と目指せ公立中高一貫!では

実際のニュアンスが大きく異なる、ということだと思います。

まず気づくべき点はそこでしょう。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。