読んでいてついお笑いコンビ「千鳥」のノブが放つ

「クセがすごいんじゃ!」

を思い出してしまいました。

中学受験初心者。

誰でも最初は初心者です。

そこからいろいろ学んでいくスピードこそ勝負です。

受験生が合格力をつけるのも、

保護者がプロデュース力をつけるのもいっしょ。

まあ、めったなことで他人様のブログに直接言及しないように

しているわけですが、ちょっとここはインパクトを感じました。

娘さんが都立中を志望されている現在新5年生のお母様、のようです。

日本全国で私立の中高一貫校が急増している、というニュースに対して、

もとからある中学と高校をつなげただけかもしれない、とコメント。

持ち込みたい結論は世の流れが中高一貫教育へ向かっているようで、

ひと安心、と落ちをつけたいご様子。

やはり公立中高一貫の志望者は、中高一貫を「高校受験しなくていい」とだけ

シンプルにとらえているのでしょうか。

高校受験した場合と、しない場合とで到達点が変わってくるではないか?と

考えるのが普通だと、ブログ主は思うのですが、そうでもないんでしょうか。

悪いことは重なるもので

お子さんが「少数」のドリルをやっている。「平行」してやっている「単位」の

ドリルについても理解できているか心配だ、と書いてらっしゃいます。

「少数」と何か所も。誤変換ではないようです。

ほかの記事には「適正検査」という記述もありました。

そして都立中受検のための塾選びを慎重に何か所も比較して決めた、と。

たまたま都立中受検対策塾の選択肢が豊富な地域にお住いのようですが…。

その塾に通うと都立中への合格可能性が一般的な倍率の2倍にアップ、

ということで納得されているようです。

内容的に違和感が目白押しのブログでした。

自分もよく知りませんでしたが、公立中高一貫校受検用の会場テストにも

「偏差値」ってあるんですね。

私立中受験用の会場テストでも、偏差値なんて良かったり悪かったり、

上下動が割と激しいと聞きますが、適性検査問題もしっかり対策しておくと

実力がついて得点率が高いレベルで安定とかあるんでしょうね。

もしあるとしても、トレーニングを重ねた小6終盤のような気がします。

自己ベスト偏差値で合否をイメージしても意味がないと思いますね。

おっと偏差値で一喜一憂は私立も公立も一緒なんですね。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。