受験情報誌を制作していた頃、保護者に中学受験体験の

アンケートを取っていたことは以前ブログにも書きました。

具体的にどんな併願作戦を立てたか、毎年毎年調査していました。

基本的に成功体験のアンケートですから、

調べ始めた頃は結果オーライであるとか、全勝(受験した学校は全部合格)であるとか、

失敗体験を匂わせる内容はほとんどないのが実状でした。

ただし、初期の頃は上位校の合格発表現場に、編集部員や

アルバイトを派遣してアンケート依頼をしていたのですが、

そうすると内容が上位校に偏るため、いつの頃からか

インターネット上でアンケート協力を依頼するようになり、

そちらが主流になりました。

そこで回答内容に微妙な変化が起こりました。

極端な例が増えました。

・中堅校1校だけしか受けない(同じ学校を受かるまで何度も受ける)

・私立に合格したが公立へ進学(最初から進学する気はない)

・第一志望校を受験しない(合格可能性が低いからあきらめた)

・第一志望に合格しても受け続ける(受験校にすべて合格しないと気がすまない)

・第一志望から第八志望までバラエティに富んだ8校を受験(野球が強そうな学校を全部受ける)

などなど。

しまいには「途中で中学受験を諦めた」という体験談まで

登場しました。

何を痛感したかと言えば、

「志望順位なんていいかげんなものだ」

です。

いや、厳密に考え抜いて併願している受験生も多くいると

思いますよ。

ただ、第一志望校+その他大勢だとか、

本人の志望順位、母の志望順位、父の志望順位、塾の志望順位バラバラ

だとか、

いざ合格してみたら、志望順位が大シャッフルだとか、

まあさまざまでしたね。

アンケートですから、成功体験、記入時点から振り返って最終結論を

書けば、第三者はなかなか「そんなはずはないだろう」とは

思わないものですが、

「矛盾だらけの受験校選び」は年を追うごとに増えていきました。

それだけブレているということになります。

当時月イチでメールマガジンをやっていて、制作担当のスタッフが、

受験体験談をセレクトして掲載の検討をするわけですが、

「反面教師」的な内容が連続しないように、いつも苦労するように

なりました。

私立第一志望でもよほどの上位校でパターン化されたケース以外は

実に多岐にわたる「併願」が存在しています。

公立中高一貫第一志望ならなおさらで、当初ほとんど私立中受験は

視野に入っていなくて、現実的な公立中高一貫合格可能性(の低さ)に

直面して、あわてて学校選びをするわけですから、

無理もないことです。

しかしながら、自信あふれる結論ではないにもかかわらず?

ネット上にほぼあけすけに受験校を公開してしまう…

ような保護者の多さを見るにつけ、首都圏中学受験の変容を

感じざるを得ません。

でも、それが現実のようですけどね。

いずれにせよ、なぜ中学受験をするのかの答えが見つけられず、

合格できそうな中学に進学するだけでは、本人のためにも

ならないように思います。

そして大手進学塾としても多様化する価値観の中で、そういった難解な

問題は敬遠したほうが身のためなのでしょうね。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。