コトバの用い方をできるだけ厳密に…と思うのですが、

「失敗しない受験校選び」であって「失敗しない志望校選び」ではないわけです。

志望校=受験校ならば、結果的には

「失敗しない受験校選び」は「失敗しない志望校選び」となります。

どういう意味?ここでつまずくなら、受験失敗リスク倍増です。

それは志望校じゃない学校を受験して合格・進学してしまう受験生は

意外と多いからです。志望校であることを確認してからの

受験ならかまいませんが、その過程をスキップしてしまうようで。

周囲のブログを読む限り、何も考えていないわけではないが、

準備不足のため、不本意進学を果たしてしまうケースは

多々見受けられます。

いやそれをブログに書くこと自体の問題かもしれません。

もちろん、ベターな選択だったと割り切れれば別です。

「受験校」を「志望校」に昇格させないうちに、受験して合格して

進学してしまう…これが受験の成功であるわけがありませんが、

合格した学校がそこだけであれば、もう迷いようはないわけです。

答えは簡単で視野に入った学校のすべてに志望順位をつけ、

順位のつかない学校は受験校としない、と決めればよいだけです。

視野に3校しか入らず、もっとも偏差値の低い学校の合格可能性が

50%なので、途方に暮れてしまった…では、

見事な保護者失格です。

それは何月の時点で途方に暮れたのでしょうか?

いままでもっとも印象の深かったコトバは

ある男子校の募集担当の先生のコメントでした。

「説明会に今まで一度も来たことがなくて、合格してから学校見学。

だから午後入試はあまりやりたくないんですよ」

まさしくホンネでしょう。そういうタイプの保護者とも

学校は付き合わなくてはいけません。

それでもひとりでも多く受験生は欲しいのです。

合格して学校見学したら、意外といい学校だった…。

もしその見極めが失敗だったら?

「失敗しない受験校選び」の前に何が必要でしょうか。

大丈夫。失敗しませんから。

自信満々の保護者が増えているようです。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。