中学受験における分岐点をひとつひとつ

納得して進んでいく…その先に希望の未来が待っている…

まあ、単なる理想なのかもしれません。

少しぐらいの失敗にめげない経験…でも人間ですから、

ホンネは失敗したくはありません。

また失敗を認めたくもありません。

たぶん、ブログのランキングというフィルターを通して

見るのがそもそもいけないのだと思いますが、

もういっぽうのブログ、fc2ブログ「中学受験DEEP-INSIDE」の

参加している「ブログ村」ジャンルは、

中高一貫校受験というジャンルに軸足を置いていて、

このジャンル、中高一貫校=公立…という雰囲気を醸し出しています。

ほかにも通っている塾ごとのジャンルがあり、何年に(中学)受験するかの

年度ごとのジャンル分けがあり、できるだけ多くのブログが

お山の大将になれるように配慮するのが、ランキングサイトの務めでも

あるわけですが…。

もちろん各々のブログには主旨があり個性があります。

ただそこから「なぜ中学受験なのか」という理由づけは

ほとんど見えてきません。

それがあたかも

「安易に中学受験を決断している」と感じてしまう

理由なのかもしれないと自分で思います。

「できるかどうかやってみよう」

「(目的を)達成できるように積み上げていこう」

では

はっきり差があると思うんですね。

もちろんブログに本当のことは書かないのかもしれません。

中学受験…最初の頃は保護者のひいたレールなのかもしれません。

保護者のプロデュースなくしては、

中学受験が成立しないのも事実です。

しかしながら、準備を進めていく過程で

「本人の意思」が占める比重が徐々に大きくなって

いきます。

その「本人の意思」をうまく育てていくのも

プロデューサーの仕事のひとつです。

選択肢を用意した上での最終決断は

本人であるのが望ましい、と思います。

もちろん中学受験に対する積極性にも

個人差はあって当然です。

保護者も受験生本人も

なぜそうまでして中学受験をするのか、

が受験本番までの過程で見えてこないと、

学校選びをいくら論じても心に響きません。

そうなると志望校と受験校の違いが

どこにあるのかなど、わかるはずがないのかも

しれません。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。