簡単には答えの出ない問題なので、こうしてブログに書くのは

とても躊躇します。数日ですが悩みました。

それと時期の問題。

いよいよ本番という年末年初の時期のほうが

話題の温度が上がるのも当然で、

そのタイミングで

「その中学受験はほぼ失敗です」

と書いたところでどうにもなりません。

もし失敗確定なら、とにかくどこでもよいので

納得づくで合格しておくことは

最低限目指さないといけません。

ですから何度考えても「志望校」の問題は最重要なのだと

思うわけです。

・なぜ中学受験をするのか?

・なぜその学校に入りたいのか?

・なぜその学校を受験するのか?

・中学受験をしたいのか、中高一貫教育を受けたいのか?

・その学校は中高一貫なのか?

やはりそこへ戻ります。

もちろんそこを考えなくても結果的に

受験を突破していく人は多いことでしょう。

まあ、人それぞれで片づければ簡単です。

最終的に「失敗しないコツ」はいかにその部分を

よく練り込むかだと思うのです。

客観的に見れば、日本人の大多数が直面「しない」

問題です。

その「あえて」の部分をしっかり見つめ直すべきだと

思っています。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。