サンデー毎日&週刊朝日、次の週も

難関大学合格者特集です。

この時期はお祭りみたいなもんでしょうか?

2週連続の東大合格者ランキングですが、

判明率が5%ほどアップしていました。

聖光学院が判明していましたね。

これで5%アップということは筑駒が判明すれば

ほぼ100%ということなんでしょうか?

トップ10クラスがこうして永年週刊誌にデータ提供している

会社にすぐに数字を出さないというのは

なかなか不思議です。

まあ最終的には公表されるわけですが、

抵抗する理由があるのでしょう。

それにしても東京大学(前期)合格者の増減、

けっこう山あり谷あり。

連続して増える学校も少ないかわり、

連続して減る学校も少ないことになっています。

だから前年比、を語ることにさほど大きな意味は

ないと思います。

合格者2桁の学校で4年連続増加は兵庫の

甲陽学院ただ1校。

3年連続増加は千葉の渋谷教育学園幕張と

埼玉の開智。ただし、開智は中学募集組と高校募集組を

合算した500名超の結果のようです。

面白いのは2年以上連続減少だった学校は

ことごとく盛り返していて、

県立浦和(埼玉)、洛南(京都)、岡山朝日(岡山)、

桐蔭学園中等(神奈川)、洛星(京都)、洗足学園(神奈川)

などの校名が見られます。

地力のある学校はちゃんと帳尻を合わせてくる印象です。

そういった中で2桁巣鴨(東京)だけが3年連続の減。

ちょっと厳しい状況かもしれません。

いずれにしろ東大合格者の増減でそれほど多くのことは

語れません。

それよりも、各校が今後進路実績の現状を

どう分析・公表していくか

のほうが気になります。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。