さて、きょうはリベンジ受験について書きます。

ひとくちにリベンジ受験といっても、いろいろあるでしょう。

きっかけはブログの検索解析にこんなワードがハマったから

でした。

中学から開成に行くのと、高校から開成に行くのと

どちらがどうなのか。

そういうことを知りたかったようでした。

でもこれ、実は

中学受験で開成に不合格で、高校受験でリベンジしたい

と考えている検索者だということが推察されます。

なぜなら、

中学合格>高校合格

は明白だからです。

高校から開成に入ったほうが伸びるのなら、

中学受験で最難関校にはならないでしょう。

残念?なことに同校は一貫生と高入生の進路実績を区分して

公表していません。

いませんが、そこはまったくといっていいほど

考慮に値しないはずです。

ですから高校募集も行っている開成は、

優秀な一貫生に伍して学んでいける力量の者を

(高校受験で)選び取る、

と考えてよいのだと思います。

というわけで中学受験で開成不合格でも、

高校で再受験。良し悪しはともかく、です。

リベンジがかなわなくても、

都立日比谷で東大に進む可能性もあるわけですし、

中学で開成不合格、第二志望だった海城に進学していれば

将来東大合格が可能かもしれません。

それは本人が第一志望不合格の悔しさをバネにすれば

いいだけの話だと思います。

ひとつめの問題は「リベンジ」の意識を誰が持っているか

という点。

本人よりも保護者がリベンジしたい?

ふたつめの問題は「リベンジ」の意識を持つに至るような

受験を仕組んだのは誰か、という点。

本人?保護者?

そして最後の問題は「リベンジ」が達成できれば

満足?という問題。

まあ、世間は東京大学がかなり好きなようですから、

例に出しました。

難関大学に進学することでさまざまな可能性は拓ける

とは思うのですが、人生のゴールはまだまだ先ですよね。

何が起こるかわかりません。

すべてはどこに線を引くか、基準を設定するか

という問題だと思います。

とにかく本人の悔しい思い、モチベーションを

とやかく言うことはできません。

それを第三者が「リベンジ」というコトバを

持ち出して意識すべきものでしょうか。

無理矢理落とせば、少子化=子離れできない親が増えている

ということだったりするかもしれません。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。