以前学校取材をしたときに、

学校の担当の先生とこういう会話を交わしたことがあります。

自分:「なかなか順調に進路実績伸びていますね」

先生:「わかりますか? 実はそうなんですよ。でも、学校規模が小さいのでなかなか地味で」

自分:「だって合格者数を卒業生数で割ったら一目瞭然じゃないですか」

先生:「確かにそうなんですが、ほとんどの人はそうは見てくれません。大きな学校のほうが難関大合格者が目立つんです」

このときの会話があって、進路実績の推移は人数ではなく%で見るべきと確信した、

といっても間違いではありません。

ところが、各校のサイトを見ていると進路実績のコーナーに卒業者数を

ちゃんと併記している学校が何割あるでしょうか?

公立高校の場合は、学年規模は大きく変動しませんが、

私立の場合は、学校によっては2クラス、3クラスぶん変動する

こともあります。

そして、変動せずとも4クラス程度の小規模校もあれば、

6~8クラスの学校もあるわけです。

ですから他校と進路実績の比較という土俵に乗るためには

学年規模を明記することは必須だと思うのです。

次に学校サイトであまり触れられていないのは現役進学率。

この数字が低い学校(特に男子校)が取り上げないのは

わからなくはありません。

いっぽうで女子校で高いことばかり強調していて、

胸を張っている学校を見かけますが、

これは裏返すと難関国公立大は志向していない宣言でもあります。

本校はそのレベルには達していませんから、という逆の意味での強調。

またこの現役進学率、共学の場合は男女差があって当然です。

しかしながら、女子にけん引されて男子も高い傾向の学校と、

男子同様に女子もチャレンジ思考が強く低いケースが

あるわけです。

共学校の中で高い学校と低い学校は同じTOP100でも20%以上

違うケースもあります。

でもサイト上は記載していない。

都合の悪い情報は非公開というよりも、頓着していない、

現状を認識していないケースが多いようにも思います。

ちなみに進路実績のコーナーをサイト上どういう場所に

分類しているかも学校によっていろいろです。

そういえば、神奈川のサレジオ学院は

学校サイトのメニューツリーの中に「卒業生の進路」という

コーナーがありません。

じゃあ、数字が悪いから隠しているのかというと、

そんなこともないようです。

検索してみるとQ&Aのコーナーの片隅に

申し訳なさそうにPDFファイルが張りつけてあります。

まあ武蔵のように、他校と比較されたくないので

合格者数は非公表、公表は進学者数のみと

ポリシーを貫いている学校もありますから、

そこも含めて学校の個性かもしれません。

たったこれだけのことでも、

学校のさまざまな現状認識が透けて見えると思うわけです。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。