高校募集をする「中高一貫校」にとって

そのメリットとは何でしょうか。

・高校受験生のレベルが高く、一貫生とのギャップが少ない

つまりそれで結果が出ていて現状変更の必要性を感じない

そういう学校もありますが多数派ではありません。

もともと高校募集が主である学校から見れば、

「中学募集をして6年間鍛えたほうが高い成果が得られるのではないか」

こう思って当然です。

よって、

・難関大学に合格するのは中高一貫生が主体

というような状況が生まれてきます。

一般的に中学募集の有無にかかわらず、

高校募集の際、難関大学への進学希望者は「特進クラス」、

それ以外は「一般進学クラス」といったコース別・クラス別募集が

増える傾向にありました。

もちろん私立ではどの学校でも優秀な受験生は欲しいところです。

その上で中学募集をするのであれば、少なくとも高校募集時の特進クラス。

あわよくばそれより上位の「スーパー特進クラス」といったような

位置づけでクラス構成を考える学校が増えてきました。

授業効率、そして成果を上げるために習熟度別クラスを編成する、

という話はよく聞きますが、入試の時点で成績別でクラスを分けてしまう

わけです。

建前は志望進路別クラス編成ですが、結果として入試成績でのクラス分け

といえるでしょう。

その結果、難関大実績が飛躍的に伸びたところで、

実りある6年間だったと言えるかどうか。

まあ、実際に大手塾ではクラス分けを経験してきている場合が

多いですから、ある程度は競争に慣れているにしても、

さらにその状況が6年間継続するとしたら、不安を感じざるを得ません。

ある完全中高一貫校(女子校)の話として、以前紹介した話ですが、

「特進クラスをやめたら、学校全体の実績が上がった」

というエピソードを聞いたことがあります。

つまりそれまでは(その学校では)特進クラスの生徒は

「結果を出して当然の集団」と

一般クラスの生徒たちから見られていたのが、

特進を廃止したことで、全員が頑張るムードが醸成されたというのです。

生徒ひとり一人には得意も苦手もあるわけで、

お互いに補い合って学び合う風潮が強まったと

そのとき取材した先生は語っていました。

これは例えば「スーパー特進」「特進」の2コース制で、

全員が特進クラスと称するのとは少し違うように思うのです。

話が逸れました。

私立の学校経営のひとつの考え方として、学校を挙げて進学レベルを

上げ、生徒数を絞り込んで難関大合格率を稼ぐよりも、

規模を重視してボリュームゾーンをしっかり取り込むのも

だいじなことです。

でも、目玉は欲しいところです。

難関大合格者増は募集イメージに間違いなく貢献します。

というわけで「高校募集をしている中高一貫校」で

まず着目すべきは募集定員のバランスです。

その上で進路実績を見ていけば、

学校ごとの中高一貫の質の違いが見えてくるような気がします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。