新学期になると各高校から平成28年度の卒業生の進路状況が

次々と公表されていくことでしょう。

進路実績ランキング。

難関大学にどれだけ合格者を出しているか。

この評価については特定の方法で継続的に集計して

いますから、伸びている学校、苦しんでいる学校については

かなり把握しているつもりです。

それを踏まえていうと、16年春の実績を見る限り

右肩上がりの学校はほんのひと握りで、

苦しんでいる学校のほうが多いように見えます。

東京と地方では「進学校」のニュアンスにもかなり差がありますが、

ひとつの基準として、自分は

国公立大10%、早慶上智20%、MARCH40%

(%は卒業生数に対する現浪合格者数)のライン

を考えます。

国公立を含めた1都3県の中学入試実施校で

このラインを超えてるのは110校ちょっとです。

この数を多いと感じるでしょうか。

ざっくり言えば中学入試実施校の上位ほぼ3分の1

ということになります。

よく東京の主要大学においては地方からの入学者が

伸び悩んでいると言いますが、

そのぶんを差し引いても、難関大学合格者は

東京をはじめとした公立を含む上位校で

一定のパイを奪い合う状況になっているようです。

常にこの上位100校+αのラインをチェックしているわけですが、

この厚い壁を突破して浮上しつつあるのは、

この5、6年では大宮開成、広尾学園、麗澤など、

ほんの数校しかありません。

もしこの傾向があと2、3年続いたなら、

TOP100が固定化するばかりか、TOP80-100も

不動になってくるかもしれません。

進路状況と進路指導の方向性を含めて、

学校の魅力を受験生にどう伝えるか、

大変難しい問題です。

極論を言うなら、そういった進路実績に重きを

置かない受験生が増えるとすれば問題は解決します。

募集を複線化して、選抜クラスの偏差値を高めで

キープするのもそのテクニックと言えなくも

ありません。

少なくとも卒業生の進路について

学校には説明責任があると思います。

自校サイトに最新情報を掲載しないケースも

見かけますが、それはさすがに論外です。

さて、どの時点で最新情報に更新するか、

それをサイトでどういう表現をするか、

ぜひ注目したいと思います。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。