中学受験の学校情報をネットで検索したり、

保護者ブログその他を閲覧したりだけでなく、

最近は多くの学校で出願まで

インターネット経由になりました。

それだけネットが社会生活に深く浸透している

ということでしょう。

編集部時代はよく入試風景の撮影取材をしたものですが、

入試当日の風景はその緊張感こそ変わりませんが、

合格発表の風景はネットの普及で大きく変わりました。

いまでも合格発表は学校で掲示というケースも

あるのですが、合格者の受験番号が書かれた

白い紙にかけられてた覆いが取り去られた瞬間の

会場のどよめきと悲喜こもごもは

もはやすっかり「昔の風景」になってしまったようです。

ですから「合格した感激」を撮影しようとすれば、

インターネット発表のないごく限られた学校に

メディアの取材は集中することになります。

そういった学校がネット発表を導入しないのも、

そういう面での意図があるのかもしれません。

入試当日の夜10時、PCの前に座って、学校のサイトに

ログインして番号があった、なかったが

現在の合格発表だとすると、昔の受験を知る者に

とってはとても味気ない気もするのですが、

まあそこは慣れ、なのでしょうか。

中学受験はゴールではない、もちろん難関大学合格も

人生のゴールでは決してありませんが、

便利なインターネットの存在がいろいろなことを

「軽く」している、そんな気もします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。