ここのところ、更新のペースが落ちています。

できるだけリアルタイムな中学受験に即して展開したい

わけですが、現在進行中で真っ向から取り組んでいる受験生と、

いよいよあと1年(もしくはそれ以上)、

という受験生ではテンションや視点に差があって当然です。

ある意味ではこの時期は

端境期ということも言えるかもしれません。

そしてこれまで気づかなかったのですが、

読み手の中には受験終了組の方もかなりいらっしゃるようです。

もちろん上のお子さんが終わって、次は下のお子さんが受験、

というケースもあるでしょう。

1月から3月にかけてはアクセス数が特に増加する時期で、

ニーズに即した話題を提供したいと

ここでちょっと力んでしまっていました。

さまざまな想定ができますが、まあその多岐にわたるシチュエーションを

不特定多数の読み手に語ることははっきり言って無理ですので

そこはできるだけ悩まないようにします。

やっとそこまでたどりつきました(笑)。

掲示板などでは質問や相談のスレを立てている人がいるようですが、

あくまでも一過性のようです。いまの不安を解消できればいい。

そういったスレッドで解消できるかどうかは不明ですが、

誰かがコメントを書き込むことである程度の安心が得られるわけです。

それが自分には「軽さ」のように感じられてなりません。

まあまあそういうケースで巧みにコメントをする

献身的な方が世の中にはいるもんです。

だいたいにおいては、提供されるその人の情報が不足していて、

一般論でしか答えられないというパターンもよく見かけます。

特に学校選びの質問や相談はその典型です。

結局はその親子がなぜ中学受験をするのか

という永遠の命題に行きつくようです。

ただただ人間は現状に流されがちです。

以前にも書きましたがA校とB校はどちらがいいでしょう?

の正解はほとんどの場合、ありません。

それぞれの学校に長所短所があるだけです。

極端な例になりますが、

慶應中等部と早稲田高等学院はどちらが将来有望でしょうか?

わが子は桜蔭と女子学院のどちらに向いているでしょうか?

これは他人に聞くことではないでしょう。

好きなほうを選びなさい、です。

上記に違う校名が入ってもよほど極端でない限り、

同じでしょう。

ネット世界で拡散されている中学受験保護者の迷いを

ひとつひとつ解決できたらカッコイイのですが、

まあ壮大な目標は立てずに、このブログとしては

偉大なるワンパターン?を目指すことに

したいと思っています。

ことしの入試が終わったら少し違う展開が

できるようにも思うので。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。