進路実績のベスト更新の回数が多い学校には

自然と注目が行きますが、

問題はその逆の学校です。

高いレベルで安定、と思っていても

意外と急減速というケースを見かけます。

集計期間を7年間と固定して、そのうちの近3年を

判定するわけですが、前回の記事でも紹介したように

集計した全80校を平均すると、5ポイント程度は上昇傾向

にあるといえます。

ただし近3年のなかに7年間の数値順位の1、2位が

一度も含まれないとプラスの★として換算されません。

国公立も早慶上智もMARCHも近3年に1・2位がない学校は

全体の15%しかありませんから、やはりそこは気になる

ところです。

3years_minus170120

あくまでも2010-2016年実績に対しての2014-2016実績ですから、

2017実績で★の数は変動することが予想されますが、

急変を期待するためには、当該校の現状認識をしっかり

汲み取る必要があるでしょう。

個人的には国立大&医学部を狙う生徒が大多数で、早慶上智は

志望しない、という傾向は極端だと思いますが、もちろん

そういう進学傾向の学校ばかりではありません。

「高いレベルで安定」と「急減速」の差を見極めることが

できたら幸いです。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。