トップクラスの進学校が、大学のほうで合格者数を

少々絞り込んだぐらいで、伸び悩むとは思いませんが、

進路実績の伸びを語る場合に、当ブログでも

「自己ベスト更新」の頻度を重視した結果、

いつまでたっても過去を超えられない、

そんな印象を受ける学校もあります。

各校同条件下で相対的に伸びを論じるべきだとは

思います、ただそれをひとつの基準に落とし込む

ことはなかなか困難です。

そこで、以前使った手法ではあるのですが、

国公立大、早慶上智、MARCHの3カテゴリーごとに

近7年間に限定してその推移に含まれる数値を

順位ポイント化、その中でさらに近3年間における

パフォーマンスを集計してみました。

つまり各校のタテの推移をヨコ比較するということになります。

7年間の中で近3年(2014-2016)がプラス傾向か

マイナス傾向かを一段階★ひとつで換算しています。

これで

「2004年にベストを更新して以降停滞が続いている」

というように見えた学校でも

「ここ7年間に限っては回復の兆し」

というようなベクトルが読み取れる結果になるかもしれません。

例えばもっとも高い評価になるのは、

2010~2016年の7年間の順位の並びが

7-6-5-4-3-2-1位

もしくは

4-5-6-7-1-2-3位

のような場合。

その逆でもっとも苦戦しているのは

1-2-3-4-5-6-7位

もしくは

4-3-2-1-7-6-5位

のような場合です。

ではベクトルが上向いている学校から

見てみます。

2009年以前の実績はまったく除外しての評価です。

3years_plus170118

ここ3年でベスト更新の多い学校は当然ながら上位に

ランクインするわけですが近3年内に7年間中2位以上の

実績が一度もないとプラスの★には換算されません。

また国公立大、早慶上智、MARCHの3カテゴリーの

推移のバランスが悪い場合も★に換算されません。

ここ3年の動きを如実に反映した結果になるような気がします。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。