私立中高一貫校が中学入試の偏差値表に対して

どのような戦略を構えているか、

fc2ブログのほうでも少しだけ触れていますが、

進路実績は入学してから結果が出るのが6年後という

タイムラグもあり、

いま進路実績が伸びている学校が本当に将来有望で、

いま壁に当たっている学校が、将来性がないとは

断言できないわけです。

ただ、ここ数年の推移とさまざまな取り組みから

総合的に判断するしかありません。

そこで、2016年春の実績に限っては、

自己ベストを更新した学校が減少した、

伸び悩んでいる学校が多い…という点について

どれほどの有意性があるのか、少しだけ

検証してみました。

対象は1都3県の私立一貫校TOP80校。

進路実績推移の対象となっている難関大学の総合格者数を

前年と比較してみました。

国公立大合格者数は前年比で2.1%減、早慶上智は3.2%減、

MARCHでは2.1%減。

つまり好調不調の双方の学校を合算しても合格者数は

減っていますから、大学側の合格発表数が前年より絞られた

可能性が大きいようです。

「募集定員に比べて合格発表数が多い」状況を文科省が

是正するように促した影響もあるのかもしれません。

そのいっぽうで学部の新設もありますから、これも一概には

言えませんが、この合格者2~3%減が

進路実績伸び悩みの直接の原因ではないように思います。

結果を残す学校とそうでない学校は何が違うのでしょうか。

入学時の偏差値が同じでも6年後には大きく差がついてくる

ケースが多いことを知れば、保護者としても

受験校をもっとシビアに見極める必要があるでしょう。

これからも受験生よりは学校側にとって厳しい時代が

続くようにも思います。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。