中学受験、そして受験校決定にあたり、

受験生・保護者でさまざまな価値観が錯綜し、

「大学合格実績がすべてじゃない」

という意見はよく聞きます。

当ブログは別に大学合格実績がすべてだ、と言いたいわけではなく

中高一貫6年間の教育の成果として、

卒業生の進路は学校としてある程度、

結果責任を持つべき要素なのでは?

と考えているだけです。

・6年間、充実していた

・部活を頑張った

・友だちがたくさんできた

…ただし、勉強はあまり一生懸命しなかった、

将来進みたい道もはっきりしなかった、では

残念と言わざるを得ないのではと思ってます。

たぶん…たぶん学校サイドから見ると、

建学の精神、教育理念の軸がしっかりしていて、

6年間で生徒をしっかり育てられると自信を

持って募集をしているのではないかと思うのですが、

「ひとことで言って、学校のセールスポイントはどこですか?

他校より抜きん出ていると考えているのはどこですか?」

とストレートに聞かれても、

「まあ、来校して実際に目で確かめてください」

としか言えないのではないかと思います。

すべての保護者&受験生が「実際に目で確かめる」のは

理想ですが、一度の訪問だけで、いろいろなことが見抜けるでしょうか?

各々の受験情報誌は取材をすると同時に

学校にさまざまなアンケートを毎年とり、

煩雑過ぎると常にお叱りを受けているわけですが、

これも回を重ねると、一度の訪問だけで見抜ける、に近い感覚が

得られるような気がしています。

たぶんどんな受験情報誌もそれを紙面で正確に伝えることは

困難です。ただ実際に制作している編集部では

ある程度のことが見えているのではないでしょうか?

悪いことは言えませんが(笑)

前置きが長くなったので続きは次回にしますが、

今度は部活について書きたいと思っています。

好きな部活があるから、そこを選んだという意見も確かに

多く聞きます。6年後の大学選びが、中高で打ち込んだ

部活によって左右されることも確かにあります。

大会で優勝したとかしなかった、ではなく

部活における学校間のヨコの比較はかなり

興味深いような気がしています。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。