残念ながら物事にはウラとオモテがあり、

直感的にとびつくのはいかなる場合でもリスクが大きいと

思います。

ズバリ書きたい内容があるのですが、

しばらくは我慢ですね。

受験する学校の候補が2校あり、

どちらにするか思い悩む…。

誰にでもあることではないかと思います。

もし目の前の保護者に

「どちらだと思いますか?」

と聞かれたら、誠心誠意答えると思います。

嫌いな学校だから悪く言う…

のではなく、否定的に見なす根拠を明示して

やはり最終判断は受験する本人と、保護者の

見立てになるはずです。

以前に書いた記事で、

東京女学館と日本女子大附属を

受験候補にあげていますが、どう思われますか?

とストレートに聞かれた話を書いた気がします。

どちらも有名校ですが、タイプの違う学校ではないかと

思いました。

当然、自分が得意とする進路実績を根拠に

それぞれにコメントしたわけです。

「いやいやそうじゃないんですよ。大学合格実績で

学校を判断しようと思っていないんです」

こう返されたらどう答えればいいのでしょう。

・どちらの学校が面倒見がいいか

・どちらの学校がゆったりした雰囲気か

やはりそこは聞く相手が違うように思っています。

どちらもよい学校ですよ、というコメントになってしまう

ような気がします。

このブログはそういうテンションで中学受験を語ろうとは

あまり思っていません。

検索ワードをチェックしていると、

検索ワードですから「○○はどうでしょう?」

という検索が多く見当たります。

どうでしょう? とは?

そこにネット検索の難しさがあります。

プライバシーを重視して双方向性を断ったところで、

求める情報を入手するにはかなりの検索テクニックが

必要です。

というより、求める情報を得るのはかなり

難しいような気がします。

ブログ主とは見解が違い、

「いやいやそうじゃないんですよ。大学合格実績で

学校を判断しようと思っていないんです」

とした場合、

受験校決定に際して重視する項目は何でしょうか?

・通学しやすい

・学費が安い

・打ち込みたい部活がある

・制服がお気に入り

・いじめがない

・わが子の居場所がある(???)

どうやら各項目に客観性はないようです。

それをネットで検索する「意味」はあるのでしょうか?

(ネットで検索して当ブログに行き当たる意味はあるのでしょうか?))

そのぐらいであれば、

なぜ中学受験をするのかを延々考えたほうがましのような

気すらするのですが。

まさに中学受験失敗の芽がそこに蒔かれているような…

あくまでもブログ主の考え方ですから

あまり気にしないでくださいね。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。