もっともっと保護者の側に寄り添ってブログが書ければ

いいのですが、保護者の方もいろいろなので、

なかなか難しいところです。

やはり目につくのは

「それではうまくいかないのではないか」

という部分。

これで結果が出るから外野からゴタゴタ言うな、

ということでしたら、そこで話は終わります。

極端なケースばかりが印象に残るせいもあると思います。

中学受験は

誰もが難関校を目指す

ふだんなら

誰もが「難関校」を目指す

とするところ、

「」を意図的に外してみました。

前日までの記事に比べて

反応はまずまずで複雑な気分になっています。

どこかで

「うちは中堅女子校を目指す」

というブログを見かけました。

難関校と宣言するのはおこがましい、

というバランス感覚であれば

難関校とも中堅校とも書かなければいいように

思います。

なぜ○○を目指す、と書きたいのでしょうか。

でも具体的な校名は、結果が出たときのことも

あるのでぼかしたい。

そこ、じゃないかなといつも思います。

首尾一貫してこの「なんとなく」感を

具体化、確信する過程がとても重要だと

思っています。

ある塾関係者が嘘かホントか

こんなことをブログに書いていました。

知り合いのAさんのお宅のお子さんが目指している学校と

うちも同等以上の学校に入らなくちゃ、

という保護者がいたとか

いないとか。

受験のモチベーションは弱いより強いほうが

そりゃいいと思いますが、

少なくともネット上では、

支持しがたいことが目につくようです。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。