学校の進路実績の「読み方」をかなり長期にわたって

解説してみました。

たぶん感想は「難解だな」かもしれません。

数字の羅列でもわかるものはわかります。

平均値、最大値、最小値、その順位。

だけで、その学校単体としての傾向も

他校との比較もできます。

ただグラフにしたほうがわかりやすい。

しかしながらグラフが並べば並んだで、

どれぐらい差があるかがいまひとつピンとこない。

ここからはイラストクイズの間違い探しの

ようなものでしょうか。

認知力にも個人差があります。

こちらが伝えたい内容がうまく発信できているかどうか、

毎日気にして書いていますが、

「難関校」とか「偏差値」とかの単語に

数割増しで反応が強いようです。

でもその割には定義はあいまいです。

以前「やっぱり有名校に入りたい」といったカンジの

タイトルで記事を書きましたが、

けっこうPVは多かった記憶があります。

こういった抽象的な語句に魅力を感じているようでは

まだまだ目標達成への不安はぬぐえません。

保護者ブログのサブタイトルにもよく

「うちの子は201×年、難関校合格を目指します」

とあります。

場合によっては「最難関校」を目指します、とあります。

開成?筑駒?桜蔭?

いや、しっかり目標を立てることはいいことです。

難関校も校名を具体的に書きたくないだけで、特定の学校に

ターゲットを絞っているのならノープロブレムです。

ブログ主の感覚では、

難関校は独自ランクのTOP50ぐらいのイメージですが、

その独自ランクを知らなければ

偏差値表の上のほうの学校といったような

定義になるのでしょうか?

1都3県には300校を超える受験可能校があり、

中堅校といえば本来であれば100位~200位あたりを指すのが

妥当だと思いますが、60位あたりの学校を

「中堅上位」と呼ぶ場合も多いように思います。

もし上位校と難関校はどっちが上と聞かれたら、

後者です!と言うのでしょうか。

上位、中堅、下位という区分は可能ですが、

難関校も有名校も主観に満ち満ちていると思います。

実は…

ここまで中学受験を見てきてこの「主観」こそが

特質だと思っています。

何の疑問も持たず、躊躇もせずに、

中学受験に踏み出す、背景についても

ブログを通じて少し書きたいところです。

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず、

と孫子も言っていますからね。

それとしばらく更新のペースを落として

じっくり書き進めようと思います。

いずれにせよこちらのブログは小5以下の保護者を

意識して続けます。

入試目前の小6受験生は、これまで進んできた

道を信じて、しっかり前を見据えて

あと40日余りを乗り切ってください。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。