第1弾から第8弾まで

さまざまなタイプの進路実績をグラフ化して

比較してきました。

全体の何%がどのレベルの難関大に合格しているかという

比率の部分はもちろんですが、

国公立大、早慶上智、MARCHのそれぞれのバランス

を見ていくとその進学校がどのステージで頑張っているかが

わかります。

あらためてまとめてみますが、

わかりやすいのが

早慶上智>MARCHなのか、早慶上智<MARCHなのかです。

早慶上智>MARCHであることは国公立の高率に連動し、

早慶上智<MARCHが明確であればあるほど、

国公立志望者が少ないという結果になります。

また国公立志望者が一定の比率でも、

MARCH実績が高いということは現役進学率に連動します。

男子校なら60%、共学校なら75%、女子校なら85%あれば

高いほうです。

これらを組み合わせて進路実績にアプローチすれば

読み解けるというわけです。

何年にもわたって推移を観察するのは難しいかもしれませんが

前年実績とそれらを比較するだけでも

見えてくるものがあります。

進路実績には常に山と谷があります。

学校によっては長期間の不調には触れず、

前年との比較だけで「伸びている」と

主張しているケースもあります。

また、大きくブレイクしたように見えても、

たまたまその学年が突出していただけで、

翌年はガクッと下がることも多々あります。

不調の翌年は過年度生の奮起もあって、急伸することも

あったりします。

いずれにせよ、数値は平均値で見るほうが

正確性が高いということです。

偏差値と進路実績はかなり連動していますが、

偏差値の割に進路実績が優れている学校よりも

その逆の傾向が出ている学校のほうが気になる

キタシロです。

※中学受験に関連して、とりあげてほしいテーマを大募集

この記事にコメントをつけていただけると助かります。

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。