まずはグラフを再掲してから。

161205f
↑これは私立共学校のグラフ

↓下の8本が公立一貫のグラフ
161208jj

161208kk

少し強引かもしれませんが、

国公立大に強いトップクラスの進学校の特徴は

早慶上智>MARCHであることを

ここまで説明してきました。

国公立大の合格実績の数字が高いと同時に、

MARCH合格者の比率が減る傾向がはっきりしているのは

何度もグラフで紹介したとおりです。

1都3県の私立中高一貫校で

早慶上智>MARCH

となっているのは26校ありますが、

このうち共学校は

渋谷教育学園幕張(F1)、渋谷教育学園渋谷(F3)の2校だけ。

これは女子が現役進学志向が高くMARCH実績を上昇

させているわけでなく、

女子校でも、桜蔭を筆頭に女子学院、豊島岡女子学園、

頌栄女子学院、雙葉、フェリス女学院、白百合学園と

7校も

早慶上智>MARCH

となっています。

さて、公立中高一貫では

早慶上智>MARCH

は県立千葉(J1)のみ。

県立トップ校ですからこれは当然ですが、

渋谷教育学園幕張(F1)と比較してどうでしょうか?

渋幕優勢ですね。

県千葉は16年春で中高一貫3期生が卒業しましたが

一貫生卒業後も実績に大きな変化はありません。

逆に早慶上智がダウン傾向で国公立大特化の方向性も

感じられるぐらいです。

現状で渋幕・県千葉はそこまで大きな差はありませんが

一貫生卒業後に数字が上昇していないことを

考えると不安な気もしてきます。

都立では小石川(K1)が抜けていますが、

他の都立と差がついているのは主に国公立大の実績で、

早慶上智<MARCH

の傾向は女子の現役志向というよりは受験層の広がり

ではないかと見ています。

これは良し悪しではなく、都立の中等教育学校共通の

傾向で、入学時の学力検査に起因するものかも

しれません。(=裾野の広がり)

桜修館(K3)にしても、立川国際(K4)にしても

母体校の進路実績とは比較にならない内容ですから

それはそれで中等教育学校に改組した

成果は上がっているといえるでしょう。

都立の中高一貫はいわゆる数値目標が設定されていて

都立高校(非一貫校)も含めた全体の位置づけで

安定を求められるとすれば、進路実績が「揃う」ことは

あってもどこかが飛び抜けることは考え難いのでは

ないでしょうか。

小石川は都立中高一貫を引っ張る存在を求められるのかも

しれませんが、注目は「最低限」の学校でしょう。

確かに2010年開設組の

大泉、富士、三鷹、南多摩はまだ2期生以降の

数字がどうなるかということはありませんが、

当然目指せ小石川となることは想像に難くありません。

これを都立中高一貫の限界とみるか、安定感と見るかは

何ともいえないように思うわけです。

神奈川については現状県立相模原(K2)は高いですが、

1期生、2期生の差が大きく、経過観察が必要でしょう。

とはいえ、突拍子もないグラフのバランスを

求められることはないでしょうし、都立一貫校を

ライバルとするなら、神奈川の公立中高一貫も

目指せ小石川的な方向になるように考えます。

こうなっていくと東京、神奈川の中高一貫は

現役進学率の差を見るということになり、

早慶上智>MARCH

は望むべくもないことになります。

なお、千葉・埼玉の併設型一貫校は

母体校の成績を維持するか、わずかでも上昇で

目標達成であることを考えると、

中高一貫の成果は藪の中となる可能性が大きいと

考えます。

というわけで母体校レベルがとても高い

県立千葉以外の1都3県の公立中高一貫は

ステレオタイプな実績のように

見えるのです。

※本文に登場しなかったグラフの校名

→(J2)都立武蔵 (J3)都立両国 (J4)市立浦和

↓ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。